顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「販売促進にティッシュ!」は当たり前。「カラーゴム」はいかがでしょう?今までにない販促物です】
2012年07月13日

【「販売促進にティッシュ!」は当たり前。「カラーゴム」はいかがでしょう?今までにない販促物です】

【「販売促進にティッシュ!」は当たり前。「カラーゴム」はいかがでしょう?今までにない販促物です】

おはようございます。松浦 陽司です。
パッケージマーケティングネタ362本目です。

パッケージ松浦ではパッケージの一環として「ゴム」も取り扱っております。


男性目線の「ゴム」といえば、茶色で業務用。
安ければいい!
そんなイメージもあります。

これを女性目線に変えると、実は便利なもののようです。
ベーコンの残りを留めておくのに輪ゴム。
ちょっと封筒などをまとめるのに輪ゴム。
子供の忘れもの防止に輪ゴム。

いろいろな用途があります。
事実、台所の引き出しに輪ゴムをいっぱい貯め込んでいますよ(笑)

 

女性は「茶色」だけだと殺風景で嫌なんですね。
実はいろいろなカラーのゴムがあります。
これを使うだけで、気分が楽しくなりますからね。

・・・・ということで、こんな輪ゴムの販売方法はいかがでしょう?

 
輪ゴムを色とりどりで組み合わせ、20本程度にパッケージします。
すると、販売促進用に早変わり!

街でティッシュ配り。
祖品でティッシュ。
こういったものがたくさんあります。

でも、意外と輪ゴムってないでしょう?
他社と違う、独自化(差別化)ができていいですね!

単に業務用として販売すると、業務用としてしか扱われません。
パッケージを変えて、販売促進物として使うことで生まれ変わります。

「こんな祖品、使ってみたい!」
そう思った貴方はパッケージ松浦までお問い合わせください!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + fourteen =

ページの上部へ