顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【冷やしてもおいしい ポッキーソルティ☆ 「こんな風にしたらおいしいですよ」を伝えるパッケージ】
2012年07月16日

【冷やしてもおいしい ポッキーソルティ☆ 「こんな風にしたらおいしいですよ」を伝えるパッケージ】

【冷やしてもおいしい ポッキーソルティ☆ 「こんな風にしたらおいしいですよ」を伝えるパッケージ】

おはようございます。松浦 陽司です。
パッケージマーケティングネタが遂に365本になりました!
みなさんの応援のお陰です!有り難うございます。

 
ポッキー ソルティ☆
夏季限定で発売されている商品です。

 
パッケージの大きな特徴は
「冷やしてもおいしい」という文字ですね。

グリコさんの場合は、夏という季節を前に
「冷やしてもおいしい」で食べるシーンを提供しました。
「いつもと違う食べ方したら美味しいですよ」というシーンを伝えてあげる訳です。

 

そうすると、
「今日はいつもと違う食べ方してみよう」
「へぇ~、そうなんだ。ちょっと試してみよう」
そんな風に、お客さんの購買意欲を刺激する訳です!

中小企業でも実はすぐにできますよね。
「実はうちのお菓子、凍らせると全く違った触感で美味しい」
「2分だけオーブンで温めるだけで、味のレベルがあがるんです!」
「従業員しか知らない秘密の食べ方はこちら!

 

こんなことを、パッケージやPOPや、あるいは接客、ホームページなどで伝えてあげる。

すると
「へぇ~、一度、試してみようかな」
「うそ!そんな食べ方あるの?」なんて、買う理由になるんですね。

「できれば、食べ比べてください」
そんな風に伝えると、2個買ってくださるお客さんも出てくるかも知れませんよ(笑)

【不二家「LOOK」が東西フレーバー対決?! 東日本代表VS西日本代表 パッケージ】

不二家 ルック 西日本代表VS東日本代表
(残念ながら本年3月の限定発売のため、もう終売)

こちらなどは、「食べ比べ」という価値の提供で、2つ買ってくれる人が多かったそうです。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11202902631.html

そのような「実はこんな食べ方おススメ」というものがあるようでしたら、
ぜひぜひ、伝えてみてくださいね!
販売個数アップにつながりますよ!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 7 =

ページの上部へ