顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ヤマザキナビスコ オレオ(OREO)はアメリカ販売100周年&日本国内販売25周年】
2012年07月28日

【ヤマザキナビスコ オレオ(OREO)はアメリカ販売100周年&日本国内販売25周年】

【ヤマザキナビスコ オレオ(OREO)はアメリカ販売100周年&日本国内販売25周年】

おはようございます。松浦 陽司です。
コンビニ・スーパーでは商品も買わないのに、商品のパッケージだけをジロジロ見る癖がありませす。
店員から見たら怪しいでしょうね(笑)

 
ヤマザキナビスコ オレオ
100周年を迎えたって知っていました。

私は昨日、知りました。
だって、パッケージに書いてありましたから(笑)

  

アメリカで発売100周年
日本で発売されて25周年だそうです。

こうやって、「○○周年」というのをしっかりアピールすることは大事ですね。
お客さんに歴史を感じてもらうことができます。


すると、お客さんが
「そんなに長年愛され続けているのであれば、買ってみようか」とか、
「懐かしいなぁ~。久しぶりに買ってみようか」となります。

メーカー側からすると、
「売上を上げたい!じゃあ、キャンペーンしよう!でもなんのキャンペーン??」
というようなことにも使えますね。

もちろん、
製品が100年でも、
創業50周年でも、
数字の切り口は色々とあります。

【歴史を語る森下仁丹の「JINTAN116」パッケージ】
JINTAN116(森下仁丹)
創業116年目に発売された仁丹です。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11227924323.html
こんな、切りの悪い数字でもOKなんですね(笑)



日清カップヌードル
2012年に200億食突破でキャンペンパッケージでした。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11207786804.html
歴史だけでなく、販売個数も大切な説得力になりますね!

さてさて、自社の製品、商品の歴史、あるいは販売個数。
これがお客さんの買う価値になることがあります。

一度、自社の歴史や販売個数をチェックしてみてくださいね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − five =

ページの上部へ