顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【50年以上のロングセラー 森永ホットケーキミックスの時代に合わせたパッケージ七変化(?)】
2012年07月31日

【50年以上のロングセラー 森永ホットケーキミックスの時代に合わせたパッケージ七変化(?)】

【50年以上のロングセラー 森永ホットケーキミックスの時代に合わせたパッケージ七変化(?)】

おはようございます。松浦 陽司です。
料理は素麺と目玉焼きくらいしかできません(笑)

パッケージを時代に合わせて変化するというのは非常に大事なことです。


森永 「ホットケーキミックス300g 150g×2袋」

日本にホットケーキの文化がなかった1957年に発売!
もう50年も超えるロングセラー!
しかも、1976年からずっと、30年以上トップの座をキープしているようです。

発売当初からずっと、「箱」が主流パッケージでした。

 
それが現在、「袋」タイプが主流になっております。
「ホットケーキミックス600g 150g×4袋 お徳用」
これはいろいろな理由が考えられます。

①包装資材代の削減
単純に箱より、袋が安いのです。

②袋の割安感
箱が2袋、袋が4袋でお得感があります。
パッケージにも「お徳用」と書かれていますね。

③ホットケーキの定番化
2005年から2011年にかけて、ホットケーキ需要が40%も増えているそうです。
よりお求めやすいパッケージが求められているのですね。

最近ではさらに、使い切りパッケージも登場しております。

 
ホットケーキミックス150g 使い切り

これも非常に重要なパッケージの変更です。

発売当初の「目新しい食品」というポジションから、
身近な存在になっていく過程で、
パッケージの求められる昨日も変化していったのです。

非常に考えられたパッケージの変化ですね。
貴方の会社のパッケージは、今のままで適正なのでしょうか?
一度、考えてみてくださいね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × two =

ページの上部へ