顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージの色にこだわる東京カンパネラ、パッケージの形にこだわるファンタ、その理由とは?】
2012年09月20日

【パッケージの色にこだわる東京カンパネラ、パッケージの形にこだわるファンタ、その理由とは?】

【パッケージの「色」にこだわる東京カンパネラ、パッケージの「形」にこだわるファンタ、その理由とは?】

こんばんは。松浦 陽司です。
今日はすっかり、こんな時間になりました。

アイルの東京カンパネラという商品があります。
羽田空港や東京駅でよく売れています。

 

パッケージをデザインするときに、
「東京ばな奈と、ごまたまごに囲まれても目立つパッケージ」の色が選ばれました。

それが見事にハマって、今やこのターコイズブルーのパッケージが認知されておりますね。

菓子にあり得ない寒色パッケージになった理由の詳しくはこちら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11112786470.html 

人はあんまり詳しく商品名を覚えていなくても、
「なんとなく、青色だったな・・・」という「色」で覚える習性があるのです!

「市場にないパッケージの色で出す」というのも重要な手段です。

しかし、その後いかがでしょう?
やっぱり、売れる商品は真似されます。
ちょっと、寒色系のパッケージが羽田空港で増えてますね。

そんな時に、次の手をどう打つか?
次は「形」です。

ファンタがなぜ、最近、こんなボトルになったか分かります??

そう!
「色認識」の次に強力なのが「形認識」なんです。

商品名は覚えていなくとも、
「なんとなく、ダンベルのような形のパッケージだったな・・」と覚えています。

パッケージの「色」にこだわる。
パッケージの「形」にこだわる。

そう言ったことで、認知度を高めていきますね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 15 =

ページの上部へ