顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージマーケッターも見てニッコリ、開けてビックリのパッケージ ハッピーラッピング】
2012年10月10日

【パッケージマーケッターも見てニッコリ、開けてビックリのパッケージ ハッピーラッピング】

【パッケージマーケッターも見てニッコリ、開けてビックリのパッケージ ハッピーラッピング】

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦 陽司です。

人には裏表ってありますよね。
パッケージにも裏表ってあります。

あれ?
「パッケージの裏なんて使ってないぞ!両面印刷すると高くなるし、無地で良いだろう」
そう思っている貴方は是非、ご覧くださいね。




以前に紹介した「味の素」さんのパッケージ。
ケースをばらすと、裏面にしっかりと懸賞アンケートハガキがついていました。

パッケージはモノ言わぬセールスマンですから、
表も裏もしっかりと活用できますね!
(詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11259017085.html )

さて、本日紹介させて頂くこのパッケージも楽しい!

まず、見た目がかわいい。
オレンジ、バナナ、スイカを模した包装紙です。

でも、表面だけの楽しさだけではありません!
開けるとこうなります!

包装紙の裏面から、まるでオレンジ、バナナ、スイカを食べた後のような色が現れます!

楽しいですね。

普通、包装紙の裏面は無地です。
だって、コストが安いから。
だから、何処にでもある。
当たり前なので、お客さんに忘れられる。

「あの商品、どこのだったっけ?まぁ、いいか」

この包装紙は裏面に印刷されてます。
だから、コストはちょっと高いでしょう。
でも、あんまり見かけることがない。
当たり前じゃないので、お客さんが覚えてしまう。

「あの商品、どこのだっけ?裏面がスイカになった包装紙の商品」

こうやって覚えておいて貰えることが、次に選んで頂くときの理由になります。

人の表裏、パッケージの表裏、活用を考えてみませんか?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 19 =

ページの上部へ