顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「かもめの玉子」と「ゆりかもめの玉子」ってパクリ?いえいえ、東京進出シナリオです!】
2012年10月12日

【「かもめの玉子」と「ゆりかもめの玉子」ってパクリ?いえいえ、東京進出シナリオです!】

【「かもめの玉子」と「ゆりかもめの玉子」ってパクリ?いえいえ、東京進出シナリオです!】

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦 陽司です。

昨日のパクリ話の続きと言えば、続きの話になります。
(昨日の記事 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11376820560.html )

なんと!
自社商品のパクリ(?)で、市場を岩手から東京にまで伸ばしてしまった素晴らしいシナリオ!
しかも、その手法が「ダジャレ」というから面白い(笑)!

さいとう製菓 かもめの玉子 
これは岩手の有名なお菓子。
知っている人も多いのでは?

そして、「ゆりかもめ」は知っていますか?
これは知っている人が多いでしょう。
東京のお台場への交通手段で、運転手がいない伝社ですね。

では、こちらは知ってますか?

「ゆりかもめの玉子」です!
笑っちゃいますね(笑)

「あー!かもめの玉子のパクリやん!」と思ったら大間違い!
製造メーカーは同じ「さいとう製菓」さんです。
(販売会社は「鴎の玉子さん」です)

かもめの玉子
ゆりかもめ
ゆりかもめの玉子

中身商品は可愛い形にしておりますが、
基本的には「かもめの玉子」と「ゆりかもめの玉子」は同じお菓子。

でも、こうやってダジャレネーミングをすることで、
岩手だけでなく、東京でも売れるようになる!

もちろん、パッケージは「ゆりかもめ」に合わせて可愛くリニューアル!

いやー。
自社の商品の価値って、何処にあるか分かりませんね!

東京や都会の地名に合わせて、こんなパッケージマーケティングは考えられませんか(笑)??

本日のネタは、山形発!ルパンで伝える若旦那!
小野川温泉の遠藤直人さんから教えて頂きました!
(ルパンのブログ http://ameblo.jp/269blog/ )

有り難うございました。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 4 =

ページの上部へ