顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【不易流行 ロングセラー商品伊藤園の「おーいお茶」パッケージに隠された秘密 見えない努力】
2012年11月15日

【不易流行 ロングセラー商品伊藤園の「おーいお茶」パッケージに隠された秘密 見えない努力】

【不易流行 ロングセラー商品伊藤園の「おーいお茶」パッケージに隠された秘密 見えない努力】

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦 陽司です。

おーいお茶(伊藤園)はいわずとしれたロングセラー商品ですね。
2011年12月には累計200億本を突破しています。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11169933873.html


店頭で何気なく見ていると、
パッケージはあんまり変わっていない気もしますね。

でも、細かいところは結構変わっています。

特に、どんなメッセージをお客さんに伝えたいのか?
そう言ったところが変わってます。

赤い字で目立つように書いているところです。
2012年は「香り一新」です。
(濃い味の方は「旨さ一新」です)

ちなみに、2010年は
「ひときわ味わい豊かに」
「ひときわ濃くておいしい」でした。

2009年は
「20周年 さらにおいしく さらに香りよく」

2008年
「さらに香り豊かに」です。

こうやって、毎年と言っていいほど、キャッチコピーを変えているんです。
気づいている人はいましたか?

一見すると変わっていないようですが、
中身の変更やお客さんの変化を捉えて、少しずつ変わっていく。

ロングセラー商品のパッケージにはこういった見えない努力が隠されているんですね。
 

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 8 =

ページの上部へ