顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「写ルンです」がお菓子になった?「食べルンですHi」!パロディ商品なのにコラボ効果!】
2012年11月22日

【「写ルンです」がお菓子になった?「食べルンですHi」!パロディ商品なのにコラボ効果!】

【「写ルンです」がお菓子になった?「食べルンですHi」!パロディ商品なのにコラボ効果!】


こんにちは。
パッケージマーケッターの松浦 陽司です。

ココアシガレットは、タバコのピースのパロディで2億1000万個の売上を記録してます。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11406290119.html 
 

パクリはいけませんが、パロディはOKです。

・・・とは言っても、訴えられることもありますけどね(笑)
4億320万個以上売れているミニコーラは訴えられましたからね。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11407059201.html


奇跡的に勝訴したそうです。すごい。

では、パロディ商品と元商品は仲良く共存することはできないのか?
そんなことはありません。
こんなコラボがあります。


食べルンですHi (オリオン)

どうです?
この商品、もちろん富士フィルム「写ルンです」のパロディ商品です。

 
「フラッシュ」って言われてもねぇ(笑)

ボタンをプッシュすると、真中の窓が開いて、
揺するとお菓子が出てきます。

結構、凝ってますよ(笑)

そして、富士フィルムさんは懐が深い!
なんと!
「写ルンです」のオマケとして、「食べルンですHi」を採用したことがあるのです!

すごく仕事を楽しんで、相乗効果を生みだして、Win-Winの関係を生んでますね。

パッケージでパロディ商品をつくって、そしてお互いにコラボする!
そんな奇跡のパッケージマーケティングもあるんですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + nine =

ページの上部へ