顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【爆発的売上でテスト販売打ち切り!2002年95億円の大ヒット「甘栗むいちゃいました」クラシエ】
2012年11月25日

【爆発的売上でテスト販売打ち切り!2002年95億円の大ヒット「甘栗むいちゃいました」クラシエ】

【爆発的売上でテスト販売が打ち切り!2002年には95億円の大ヒット「甘栗むいちゃいました」クラシエ】


おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。
記念すべき500本目のパッケージマーケティングネタになりました!
いつも有り難うございます。

  

「甘栗むいちゃいました」といえば、クラシエの大ヒット商品!
1999年の静岡県のテスト販売では、供給が追い付かないほど売れて打ち切り!
2002年には最大95億円2002年の売上を達成しました。

その秘密はパッケージマーケティング!

①ネーミング
②パッケージ容量

この2つの視点で解説させて頂きます。

 

①ネーミング
露店で売っているような天津甘栗には不満がありましたよね。
「皮を剥いて食べるのが面倒だ!!」
そこで、もう皮を剥いちゃった栗を発売しようとなったのです。

そして、どんなネーミングにするか?
紆余曲折があったといいます。

当時、ポケットモンスターが流行っていたということがあり、
「ポケット甘栗」にしようという案もあったようです。

しかし、それよりもお客さんにストレートにこの商品の価値が伝わるようがいい!
その価値は「食べやすいこと」だ!

最終的に「甘栗むいちゃいました」というネーミングになりました!
パッケージにも大きく印刷して伝えてますね!
やっぱり、「伝える、伝わる」ということがパッケージには非常に重要です。

 

②パッケージ容量

露店の甘栗の不満要因のもう一つが「多すぎる」ということです。
意外過ぎますか?当たり前すぎますか(笑)?

ここの着目したクラシエ!
小腹を満たすくらいのパッケージ容量にしよう!

調査の結果、1個約5グラムで、7個食べれば小腹が満たされることが判明。
そこで基本は35g容量になりました。

こういったパッケージの工夫で、2002年売上95億円を達成したのです。

 

パッケージでしっかり、お客さんに価値を伝えることの重要性!
そしてパッケージ容量も大切ということでした!

パッケージマーケティングネタ500本目達成です!
みなさんが応援してくれたお陰です!有り難うございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + seventeen =

ページの上部へ