顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【明治ブルガリアヨーグルトは何を残して何を変化させたのか?変化を楽しむパッケージ!】
2013年02月5日

【明治ブルガリアヨーグルトは何を残して何を変化させたのか?変化を楽しむパッケージ!】

【明治ブルガリアヨーグルトは何を残して何を変化させたのか?変化を楽しむパッケージ!】
 
 
おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。
 
 
知ってますか?
ブルガリアヨーグルトって、1971年発売以降、22回デザインリニューアルをしています。
そして2012年に23回目のデザインリニューアルをしました。
 
「え?そんなん知らんかった!」
そんな貴方は正常です。
 
 
だって、近年の変化はごく僅か。
気づく方が異常です。
(22回目までの変化はこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11120163565.html )
 
23回目の変化も気づかないでしょうね。
良く見ると、蓋の側面まで青いパッケージになっています。
 
 
「なんでそんなにパッケージをリニューアルするの?」
そう思った方も多いでしょう。
これはちゃんとした理由があります。
 
 
それは「既存客を維持しつつ、新しい顧客を獲得するため」です。
 
極端な例を挙げると、
ブルガリアヨーグルトが急に真っ赤なパッケージになったらどうでしょう?
従来のヘビーユーザーが「あれ?ブルガリアヨーグルトなくなったな」となってしまいます。
 
 
でも、変えていかないと、新しいユーザーはいつまでも取り込めないのです。
「どうせいつものブルガリアでしょ」
そのように、ずっと思われていては買ってもらえません。
 
 
だから、小さいリニューアルが大事なんですね。
 
「変化」ということがとっても大切だなと思うパッケージマーケティング事例です。
私はこのブルガリアの取り組みを尊敬しております。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − six =

ページの上部へ