顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ハウス「フルーチェ」がパッケージで伝えているものは美味しさではない!ロングセラーの秘密とは?】
2013年02月27日

【ハウス「フルーチェ」がパッケージで伝えているものは美味しさではない!ロングセラーの秘密とは?】

【ハウスの「フルーチェ」がパッケージで伝えているものは美味しさではなかった!ロングセラーの秘密とは?】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「食品は味は命」
これは間違いないと思います。
皆さんが開発努力されている通りです。

でも「最初の購買動機は味は命」でしょうか?
これは全く違いますね。

味見ができる場合は別ですが、
殆どの場合、味見はできません。

そのような状態で、店頭で「この商品はこんなにいいぞ!」と伝えてくれるのがパッケージです。


ハウスのロングセラー商品
フルーチェ

このパッケージをよく見ると「ハッ」っとさせられますね。
パッケージ表面に「美味しい」とか「苺にこだわっている」とか書いてません。

 

そうなんです。
フルーチェのパッケージが伝えているお客さんへのメリットは
「牛乳とまぜるだけ プルンとフルーティー」ということです。

●お子さんと料理をするのに、とっても簡単ですよ。
●用意するのは牛乳だけでいいですよ。

そんな「どんな体験をできるのか」を伝えている訳です。

 

するとお客さんも
●この娘の最初の料理に選んでみよう。
●そう言えば冷蔵庫に牛乳があるから買ってみよう。

そんな風に、購買後の体験・シーンが想像できます。
動機の花が咲いて、購入につながるんですね。

 

「最初の購買動機」に大切なのはパッケージ。
そのパッケージでお客さんにどんなメリットがあるか、体験を得られるかということを伝えてあげることです。
フルーチェのロングセラーの秘密ですね。

そして、買ってみて、その後、「味がよかった」ということになると
リピートにつながっていきます。
やはり「味は命」です。

パッケージでお客さんに「どんな価値が得られるのか」伝えてみませんか?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × two =

ページの上部へ