顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「パナソニック panasonic」と「エネループ eneloop」パッケージ変遷を考える】
2013年03月2日

【「パナソニック panasonic」と「エネループ eneloop」パッケージ変遷を考える】

【「パナソニック panasonic」と「エネループ eneloop」パッケージマーケティングで変遷を考える】


おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

皆さん、「エネループ」はご存知ですよね?
何度も何度も繰り返し充電して使える乾電池です。

この「エネループ」が4月からパッケージリニューアルです!
大きく変わるのは「パナソニック」か「エネループ」かです。


従来デザインは「エネループ」のロゴが大きく表示されます。

 
新デザインは「パナソニック」のロゴが大きく表示され、
その下に小さく「エネループ」が表示されます。

企業ロゴ>商品ロゴ
この構図になる訳です。

 
ネット上での評判はおおむね悪いですね。
「えぇ~、エネループって分からないよ」
「普通の乾電池と間違って捨ててしまいそう」

でも私は違う考え方もあると思うんですよ。
「パナソニック」は今は苦しんではおりますが、世界的なブランド企業です。
この「パナソニック」をもっとしっかりアピールしていこうという、
意図的な狙いがパッケージに現れていると思うんです。

 
商品認知の進み方は3段階で進みます。
①パッケージの色
②パッケージの形
③ネーミング
(詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11359734028.html )

「エネループ」は既に、
①パッケージの青色
②パッケージの独特の形状は認知されております。

③ネーミングで商品名が多少、小さくなっても、
問題ないと判断したのかも知れません。
だから、「パナソニック」の企業名を大きくしたのでしょうね。

私は好意的に見ております。
みなさんは如何でしょう?

4月からエネループがどうなるか、パッケージマーケッターとして見守っていきたいと思います。


本日のネタは「あーびん」こと、アービンズ 松本英次社長に教えて頂きました!
前回の「MINI」ネタも含め、有り難うございます。

松本英次さんに教えて頂いたネタ

【ブランドとは「あ!あれだ!」という体験を繰り返してつくられる MINIの街頭段ボール】
http://search.ameba.jp/search.html?q=MINI&aid=p-matsuura


この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

1 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    エネループはそのデザインだけでなく、アフリカの無電化地域を支援するために開発されたエネループランタンなど、理念と共にある商品。
    エネルーピーなど、周辺グッズの充実し、ファンの多い商品でもあります。
    今回のデザイン改訂がどういう結果を生むのか、我々も注目しています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 1 =

ページの上部へ