顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【バレンタインにはホワイトディ、ひな祭りには子供の日、「坊っちゃん団子」には「マドンナ団子」】
2013年03月7日

【バレンタインにはホワイトディ、ひな祭りには子供の日、「坊っちゃん団子」には「マドンナ団子」】

【バレンタインにはホワイトディ、ひな祭りには子供の日、「坊っちゃん団子」には「マドンナ団子」】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

この世の中、全て表裏一体ですね。
これを活用すると、新商品開発が楽しくなります!

光と陰、
男と女、
冷静と情熱、
バレンタインにはホワイトディ、
ひな祭りには子供の日、
そして、「坊っちゃんだんご」には「マドンナ団子」です!

マドンナだんごは小説「坊っちゃん」誕生100周年を記念して開発されました!

 

もともと「坊っちゃんだんご」は有名です。
「マドンナだんごもあっていいだろう!?」という商品開発ですね!
(坊っちゃんだんご記事 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11484014487.html )

 

もちろん、中身の味もパッケージも変える必要もありますが、
こうやって発想すると、楽しいですよね。

 

「マドンナだんご」ですから、やっぱり女性らしいピンクのパッケージ。
女性に食べやすい個包装の食べきりサイズです。
手も汚れないですね。

この表裏一体、光と影で考えると、
以前に紹介した
バレンタインとホワイトディの両方にお米を売ることなども考えられます。
(その時の記事 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11193204003.html )

こんな新商品開発も楽しんでみてくださいね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + five =

ページの上部へ