顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【人気小説「神様のカルテ」(夏川草介著)に出てくる文明堂のカステラのパッケージが感動を引き金】
2013年03月12日

【人気小説「神様のカルテ」(夏川草介著)に出てくる文明堂のカステラのパッケージが感動を引き金】

【人気小説「神様のカルテ」(夏川草介著)に出てくる文明堂のカステラパッケージが感動の引き金だった】


おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

 

2011年には映画化もされて大ヒットとなった人気小説「神様のカルテ」!
宮崎あおいちゃんが櫻井翔さんが主演でヒットしましたね。
(私は小説しか見ていませんが)

 

物語の後半、感動の涙を流すきっかけになったのは、
文明堂のカステラのパッケージだったんです。

 

簡単なストーリーです。

☆☆☆

余命短い安曇さんというお婆さんの患者がいました。
担当をしていた医者の一止(いちと)先生にお願いがありました。

一つは、全く外出できないので、北アルプスの景色を見たい。
もう一つは、亡き旦那様との思い出の文明堂のカステラをもう一度食べたい。

一止先生は考えます。
いくら患者の希望と言え、外出させるのも、カステラを食べさせるのも、大いに問題がある。
しかし、・・・安曇さんの気持ちを考えると・・・

一止先生はある晴れた日、安曇さんに外出許可を出します。
病院の屋上で、北アルプスを一望したのです。
そして、そこでそっと「文明堂のカステラ」を差し出します。

包装紙を空けて、パッケージが見えた途端に
安曇さんは涙を流すのです。

☆☆☆

 

こうやって、パッケージが感動の引き金になることがあるんですよね。
特にロングセラーの商品というのは、
お客さんとパッケージとの間に密接な関係性ができてます。

思い出に残るパッケージづくり、
記憶に残るパッケージづくり、大切ですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − two =

ページの上部へ