顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【外装段ボールにすらこだわる土屋鞄製作所の思いを届けるパッケージマーケティング】
2013年03月14日

【外装段ボールにすらこだわる土屋鞄製作所の思いを届けるパッケージマーケティング】

【外装段ボールにすらこだわる土屋鞄製作所の思いを届けるパッケージマーケティング】


おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。


前回、土屋鞄製作所のランドセルパッケージの紹介をしました。
とっても思いを伝えるよいパッケージです。
(前回記事 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11489281663.html )

実は本体のパッケージだけでなく、
輸送用外装段ボールのパッケージにも思いを伝える工夫があります!

まず、ドライバーさんへのメッセージ

「ドライバーさんへ
いつも土屋鞄の製品をお届けいただき、
ありがとうございます。
この中にはランドセルが入っています。
楽しみに待っているこどもたちへ
大切にお届け下さい。」

こういったことをパッケージに書くことで、
ドライバーさんの気が引き締まりますね!


さらに、ご家族に向けてはこんなメッセージが書いてます。

「入学式を安心して迎えていただけますように
どうぞ、ご家族みなさまで箱を開けて
下記を確認してくださいね。

☑お届けした商品に間違いはありませんか?
☑附属品は入っていますか?」

私が素晴らしいなと思ったのは、
「ご家族みなさまで箱を開けて」という文章があることです。

 

これによって、箱を開けると、前回記事の通り、
家族みんなで感動してもらえることが分かっているんでしょうね!
(前回記事 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11489281663.html )


こうやってファンを増やすパッケージづくりを土屋鞄さんは行っているんです。
土屋鞄さん(http://www.tsuchiya-kaban.jp/ )のパッケージマーケティングは流石です!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

1 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    初めての訪問です!ブログの記事を読んだのでコメントを残して帰ろうと思いました!僕はまだブログ記事数が少ないですが、ミュージシャンとして活動をしている事について慣れない文章を一生懸命書いて頑張っています。もし宜しければ、ブログ内で繋がって頂けたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × three =

ページの上部へ