顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【8割の顧客はその場で帰っていってしまう。その顧客を引き留めるパッケージマーケティング】
2013年04月8日

【8割の顧客はその場で帰っていってしまう。その顧客を引き留めるパッケージマーケティング】

【8割の顧客はその場で帰っていってしまう。その顧客を引き留めるパッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

前回のパッケージマーケティングネタは
「0円でHP誘導を高めるパッケージマーケティング」でした。
(詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11506508277.html )

さて、パッケージにドメインを印刷して、
「お、このページを見てみよう」と思っても、
もう一段ハードルがありますね。

それは「打ち込み」というハードル。
特に携帯などでは打ち込みにくいですね。

実際に<携帯電話でURL打ち込みを断念した>ことがある人。
YES(断念した) 82.1%
NO(断念したことない) 17.9%

このような数字が出ております。
(実施2004年6月8日 調査:Webドメインマーケティング事務局)

せっかく、アクションを起こしてもらっても、これではもったいない!
8割強の人が帰っていってしまうんです。

では、どうすれば「打ち込み」のハードルを下げることができるのか?
その方法は2つです。

①検索ワード
②QRコード

①検索ワード
「○○で検索」というような仕掛けをすることで、
長ったらしいURLを打ちこまなくて済みますね。

②QRコード
携帯の読み取りカメラなどで、カシャッとやれば一発です!

こうやってハードルを下げてあげることで、
パッケージによるHP誘導などが高まりますね!

大阪のseedさんでは、パッケージにきっちりと
①「seed 貝塚」で検索
②QRコード
この2つが印刷されております。

こうやって誘導率を高めている訳ですね。
(詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11455585776.html )

パッケージとドメインの関係でした。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − four =

ページの上部へ