顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【沖縄バヤリースってご存知ですか?60周年時に取り組んだパッケージ変更の秘密!】
2013年09月29日

【沖縄バヤリースってご存知ですか?60周年時に取り組んだパッケージ変更の秘密!】

【沖縄バヤリースってご存知ですか?60周年時に取り組んだパッケージ変更の秘密!】

おはようございます。
世界初、徳島初、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

沖縄バヤリースって知ってます?
沖縄で販売しているバヤリースです(笑)

1950年6月20日に沖縄で製造開始!
そして、2010年に60周年を迎えました。
なんと!還暦だったですね!

その記念すべき年に販売されたパッケージがこちら!
当時の沖縄バヤリースのブログではこのように紹介されております。
一部抜粋で紹介します。

☆☆☆

琉球新報、沖縄タイムス両紙の経済面ご覧になりましたか?






バヤリースオレンジが沖縄での製造販売を開始して60年との話題を
紹介していただきました。
ひとに例えると、還暦なんですよね。

そして、60周年記念パッケージが、こちら。






この60年のうち、最も長い期間、皆様に接していた、
バヤリースオレンジの瓶がパッケージに描かれています。

「懐かしいぃ~」と言われたりしますが汗まだまだ現役ですよ!
沖縄で60歳なんて、若い方ですし(笑)


1950年6月20日生まれのバヤリースオレンジを、改めて皆様に知っていただきたく、
この週末もちょっと企画をご用意しております。

☆☆☆

そうなんです。
バヤリースは発売当時の60数年前のパッケージは「瓶」だったんですね。
長い期間、そのパッケージの形が親しまれている訳です。
お客さんの心に残って、この形がブランド化されている訳です。

でも、製造の都合などで最近ではペットパッケージになってしまった。
製造ライン上、瓶に戻すのは難しい。

だから、その親しまれている瓶パッケージの形を印刷したのですね。
これってお客さんに「あぁ、懐かしい」と思ってもらえる。
「あ、これぞ、私が昔に飲んだバヤリースだ!」と思ってもらえる。
ブランド化のためのパッケージマーケティングですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 1 =

ページの上部へ