顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【コンビニ限定パッケージ サントリー プレミアムモルツ 330ml なぜ350mlじゃないの?】
2013年10月29日

【コンビニ限定パッケージ サントリー プレミアムモルツ 330ml なぜ350mlじゃないの?】

【コンビニ限定パッケージサイズ サントリー プレミアムモルツ 330ml なぜ、350mlじゃないのか?】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

サントリー プレミアムモルツ
なんと、コンビニ限定パッケージがあるのをご存知でしたか?

330mlです。

おかしいと思いませんか?
昨日紹介した、ミネラルウォーターのクリスタルガイザーも同じコンビニ限定パッケージです。

しかし、これは通常550mlが、600ml大きくなっていました。
(記事 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11655662407.html )
大きい方が得ですもんね!

でも、プレミアムモルツは小さくなってます。
しかも、「微妙に」です。
350ml → 330ml

なぜでしょうか?
不思議です。

こちらは私が考えるポイントは3つ。

1)日常品パッケージは大きく、高級品パッケージは小さく

ミネラルウォーターのような日常品に求めるものは「量」!
ごくごく飲める満足サイズ!
パッケージは大きく!

プレミアムモルツのように高級ビールに求めるものは「満足感」!
ゆっくりと味わえるサイズ!
パッケージは少し小さく。

2)価格設定で他社のプレミアムビールと差別化

ちょっとだけ、パッケージが他社のプレミアムビールより小さい。
だから、ちょっとだけ単価を安く設定できます。
・・・となると、選ばれやすくなる。
「ちょっと」に敏感な消費者の心を捉えます。

3)利益率改善

350mlのビールといえば、値段はだいたい分かりますよね。
でも、どうでしょう?
330mlのビールといえば、・・・・直ぐに計算できないでしょう(笑)

つまり、適正価格がよく分からなくなる。
価格決定権を持ちやすくなるんですね。

以上が私が考える3つの理由でした。
こうやって、「ちょっと違うサイズ」で展開するのは面白いパッケージマーケティング®かも知れませんね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

1 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    書き方お上手ですね(*'ω'*)参考になります今後もアップ期待してます。頑張ってくださいね!(*´ω`*)ライオンは実体験を元に、辛い状況を乗り越えられないでいる人を応援するブログを作ってます!良かったら覗きに来てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + fifteen =

ページの上部へ