顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【追記続報:チリワイン「トレオン デ パレデス」パッケージラベルだけでそのワインの歴史が分かる】
2013年11月22日

【追記続報:チリワイン「トレオン デ パレデス」パッケージラベルだけでそのワインの歴史が分かる】

【追記続報:チリワイン「トレオン デ パレデス」もパッケージラベルだけでそのワインの歴史が分かる】


前にこんな記事を書きました。
チリワイン「トレオン デ パレデス」パッケージのことです。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11667848795.html

チリワイン
「トレオン デ パレデス」

ラベルとネーミングにこんな意味があります。

「お待たせしました。トレオン デ パレデスです。
パレデスというのは苗字です。
パレデスさんがつくったということです。
トレオンというのは塔のことです。
従って“パレデスさんの塔”という名前になります。
ラベルには塔が印刷されています。
ぶどう畑をこの塔で見守っているのです。
この塔はもともと修道院でして、・・・うんぬん。
その修道院もその昔、戦争の時は、・・・うんぬん」



※うんぬんのところは長すぎて忘れました(笑)

・・・と、書いていたのですが、
うんぬんのところを解説してくれた人がいます!




エクスマの大先輩!
北海道の勇!
ワンピース大好きソムリエ「ヴィーノ」こと、鵜沼 聡志さんです(笑)

鵜沼さんの解説はこうです。
チリのカベルネソーヴィニヨンは豊富な果実味に、凝縮されていて尚且つ柔らかなタンニンが特徴なのですが、このワインはフレンチスタイルで作られていて品質には驚きます。チリのカベルネが好きと言う方は物足りないかもしれません(^_^;)でもワインとしてのクオリティは本当に高いと思います。

ワインは元々修道院が神に捧げるお酒として造りはじめた事が起源とされています。
でも国と国の争いなどで修道士たちも戦わなければならず、修道院の周りの警備を強化していた時代もありました。チリの歴史はあまり詳しくはないのですが、トレオンはチリやペルーで戦争時には外敵から身を守るために物見やぐらとして作られたものです。おそらく平時には葡萄畑の様子も見ていたのかもしれませんね(^^♪」

ヴィーノ鵜沼さん!
素晴らしい解説を有り難うございました。


ワンピースたっぷり(笑)
鵜沼さんのブログもぜひご覧ください
 http://ameblo.jp/senidokuro6/ 


この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =

ページの上部へ