顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【越後のお鏡餅 パッケージは現在の家庭環境に合わせて恐ろしいくらいの進化!】
2013年12月30日

【越後のお鏡餅 パッケージは現在の家庭環境に合わせて恐ろしいくらいの進化!】

【越後のお鏡餅 パッケージは現在の家庭環境に合わせて恐ろしいくらいの進化!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

越後のお鏡餅
こちらの商品パッケージは恐ろしいくらいの進化です!

この鏡餅に見える白い柔肌部分!
実は成型品パッケージ!
まったく、お餅ではないのです。
つまり、「お鏡餅風のパッケージ」ということになります。
越後製菓では「もち肌容器」と呼んでいます。

「えぇ~!じゃあ、全く餅じゃないんだ、単なる飾りなんだ」
そう思ったら、そうでもないのです。

実はこのお餅風パッケージを底面から見てみると!
そうだったのか!
丸餅が個包装になって、何個か入っているのがよく分かります。

そうなんです。
「お鏡餅で正月の気分は味わいたいけど、
裸の餅だと、カピカピになるから、衛生的にどうなんだろう?
大きな餅だと切り分けるのが面倒だしなぁ~」

そんなお客さんの不安を、解決しているんですね!
●形は鏡餅風パッケージで気分を出す。
●面倒くささは個包装でカバー!

まぁ、「そんなの鏡餅じゃない」という方もいるかも知れませんが、
やっぱり時代に合わせて、パッケージも進化していかないといけませんね。

あ、ちなみにみかんも成型品です。
みかん風パッケージです。
・・・あ、いやこれは何も入ってないので、みかん風おもちゃ(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + fifteen =

ページの上部へ