顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【あけましておめでとうございます。年越しそばを食べたその後は、「年明けうどん」を食べましょう】
2014年01月1日

【あけましておめでとうございます。年越しそばを食べたその後は、「年明けうどん」を食べましょう】

【あけましておめでとうございます。年越しそばを食べたその後は、、、「年明けうどん」を食べましょう!】

あけましておめでとうございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。
本年も宜しくお願いします!

昨日の大みそか、「年越しそば」を食べた貴方!
年明けは「年明けうどん」です!



・・・え?知らないですか?

「年明けうどん」の存在を!?


 

日清どん兵衛 年明けうどんパッケージ
燦然(さんぜん)とパッケージ左下の方に輝く「年明けうどん」のロゴ!



もともと、さぬきうどん振興協議会が新しい麺食行事をつくるために、
2009年正月から展開している「年明けうどん」です。


「年越しそばがあるなら、年明けうどんがあってもいいじゃないか!」
そんな強い志から、新しい「うどんを食べるシーン」を創造しました!
その心意気が、私は素晴らしいと思います。

「こういう時に食べるんですよ」
そう、お客さんに伝えてあげることが大事です。




 
 

そして、日清さんをも動かしたんですね。
やはり、こう言ったことは「言いだすこと」
そして「言い続けること」が大事です!



もともと、バレンタインだって、チョコで愛の告白行事ではなかったですしね。
言い続けることで、日本の伝統行事になったんです。


「年明けうどん」
日清さんがここ数年やっていたパッケージマーケティングですが、
2014年発売分は私はまだ確認できておりません。
(画像は去年のものです)

日清さん、今年もやってくれるのかな?
楽しみにしてます!

それでは、今日も私の記事を読んでくださった貴方!
本年も宜しくお願いします!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + five =

ページの上部へ