顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【沖縄の島豆腐は造り方も違えば文化も違う!そして美味い!消費期限パッケージマーケティング】
2014年05月27日

【沖縄の島豆腐は造り方も違えば文化も違う!そして美味い!消費期限パッケージマーケティング】

【沖縄の島豆腐は造り方も違えば文化も違う!そして美味い!消費期限に対するパッケージマーケティング】

はいさい!
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

いやー。
先日、沖縄の池田食品さんに訪問した興奮がおさまりません(笑)
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11860758361.html

豆腐の文化が徳島と(沖縄以外の県と)比較したら全く違うんです!
沖縄だけ異世界!

これぞ、「ザ・沖縄の島豆腐」!
手造り地釜豆腐 池田食品
http://ikedasyokuhin.com/)の島豆腐です!

・・・え?
なにが違うが分からないですか?
ちょっと解説させていただきますね!

まず、ポリ袋に入っているのですが、密封されておりません。
袋の上は開きっ放しなんです。

瑞慶覧(ずけらん)社長の話によると
「たぶん、沖縄意外では衛生的にOUTです」とのこと(笑)

※「おいおい、大丈夫か?」と思った方は最後まで読んでみてくださいね。

そして消費期限表示!
通常は消費期限の年月日を書いているのですが、、、

普通、「西暦」を書くところがオカシイですね。
「3」になってます。
実はこれ、「本日3回目の生産ですよ」という証の「3」なんです!

沖縄の島豆腐はできたてが当たり前!
だから、スーパーに並んでいるときは、
実は触ると「温かい」のです!

いやー!
徳島では考えられない!
(他の県でもたぶん考えられないはず!)

池田食品も一日3回の配送をしています。
(昔は4回だったそうです)

出来立てを配送するので、温かい!
事実、お客さんは「触って、温かい」かどうかで、購入を決めるそうです。

そして、「1」とか「2」とか「3」の意味もお客さんは知っています。
「この時間で2回目の配送なら新鮮できたてね!」

できたて、温かい状態!
その豆腐を食べさせてもらったら!
・・・美味い!

私はちょうど3回目配送の出来立てで
「配送直前」の島豆腐を食べさせてもらったのです。
うぅ~ん、なんてラッキー!

こういった理由で、衛生的にも大丈夫なんですね!
衛生的に1日に3回も製造して、配達しているからこそできるパッケージマーケティングです!

さすがにできたてではないのですが、
手造り地釜豆腐 池田食品http://ikedasyokuhin.com/)ではお取り寄せできる商品もあります!
ぜひ、ホームページをご覧くださいね!

ちなみに、池田食品の瑞慶覧宏至社長は私の本を5冊も買ってくれて、知人にプレゼントなどもしてくださっています。

本当にありがとうございます!!!




「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」
Amazon
http://p.tl/8NCy


この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − seventeen =

ページの上部へ