顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージの入数が絶妙!百貨店の顧客はどんな心理でパッケージを選ぶのか?バトンドールに学ぶ】
2014年10月1日

【パッケージの入数が絶妙!百貨店の顧客はどんな心理でパッケージを選ぶのか?バトンドールに学ぶ】

【パッケージの入数が絶妙!百貨店の顧客はどんな心理でパッケージを選ぶのか?再びバトンドールに学ぶ】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

前回記事で紹介した
毎日売り切れる 江崎グリコの「バトンドール」!

ギフトボックスの入数がこんな感じになってます。
●2個入
●3個入
●6個入
●10個入

ちょっと変に思いませんか?

通常は

○2個入
○3個入・・・ときたら、
次に来るのは、
○4個入
○5個入などが多いですね。

なんで、6個入、そして10個入に飛んでしまうのか?

百貨店のお客さんは「入数」よりも「価格」を基準にする傾向があるんです。

「軽いギフトだから、2000円くらいで」
「お世話になったあの人に、5000円くらいで」

そうなると、「入数」ではなく、「価格」を基準にパッケージを考えます。

ちなみに、
●2個入 1000円
●3個入 1500円
●6個入 3000円
●10個入 5000円

このようになるんですね。

このバトンドールの売り切れ状態は、
2012年10月発売依頼、1年9ヶ月以上も続いているというからすごい!

こんな風に売り場に応じて、
パッケージサイズを決めるのが「価格」なのか「入数」なのか?
考えてみるのは面白いですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =

ページの上部へ