顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【1粒290円の紀州南高梅!家族や会社に買うなら?お客様やお義父さんお義母さんに買うなら?】
2015年03月16日

【1粒290円の紀州南高梅!家族や会社に買うなら?お客様やお義父さんお義母さんに買うなら?】

【1粒290円の紀州南高梅!家族や会社に買うなら?お客様やお義父さんお義母さんに買うなら?】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は和歌山駅で、徳島へのお土産購入してました。
「やっぱり、和歌山といえば梅だよね!」
ちょっと高級な梅を探していました。

すると、ありました!
1個290円!
これは格安弁当一食に匹敵する価格!

よっしゃー、これの箱詰めを買おうかな!
そう思って、すぐ横の箱詰めを見ると、
・・・4個 1290円!

単純に1個290円×4個=1160円ですよね!
つまり差額1290円-1160円=130円は、箱代ということになります。

明らかに、損です!

でも、どうですか?
家族な会社の仲間に一人一個ずつ渡すような場合は、
個包装の梅干でいいですよね。

でも、会社の大事なお客さん、
あるいはご無沙汰しているお義父さん、お義母さんに買うとしたら?
バラでは渡せないですよね!
もちろん、箱入りを購入です。

「慎ましい」の語源は「包む」にあると言われています。
大切な人を、大切に思うこの気持ちも、パッケージに包まれているのです。

時と場合、相手、シチュエーションなどを考えて、
しっかりと箱入りも作ることが大切ですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 2 =

ページの上部へ