顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【あなたが出張先のビジネスホテルと決めるとき?パッケージで顧客との関係性づくりが大切!】
2015年05月17日

【あなたが出張先のビジネスホテルと決めるとき?パッケージで顧客との関係性づくりが大切!】

【あなたが出張先のビジネスホテルと決めるとき?パッケージで顧客との関係性づくりが大切!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

あなたが行ったことのない県に行くことになりました。
ホテルの予約をしないといけないのですが、
なんせ初めてなのでちょっと不安。
周りに相談する人もいません。

しかたなく、自分でネットを検索。
ちょうど交通の便利もよく、駅に近く、値段も手頃。
そんなホテルが3つありました。

さて、アナタはどのホテルを選びますか?
①アパホテル
②東横イン
③松浦ホテル

私だったら、①か②ですね。
名前も通っているし、他の県で泊まったこともあるし安心です。

松浦ホテル、・・・って言われても知らんし。
なんや臭そうやな。
どうせ建物も古いんだろう。
ここしかないんだったら仕方ないけど、今回はパス。

こんな感じになりますよね。
これは「ブランド力」!
今回の場合は「ネーミング」というブランド。

名前を聞くだけで、「あ、あそこね!」
「アパホテルなら安心ね」
「東横インなら朝食無料だし」
「松浦ホテルって言われても」という差を生みます。

「青森」といえば「りんご」
「りんご」といえば「青森」
こんな関係性をつくっておくことが必要です。

さて、前置きが長くなりましたがパッケージマーケティングの話。

こちらは、三ツ矢サイダーグミのパッケージです。
しゅわしゅわ感を表すデザインを採用しています。
特徴的なのは大きなロゴ!
そして、そのロゴがパッケージからはみ出ているところです。

あのロゴ=三ツ矢
この関係性がお客さんの心の中にあります。

ロゴを見ることで、三ツ矢とすぐに分かり、
「三ツ矢好きだし」
「あ!三ツ矢だ!買おう」という意欲を生み出そうとしております。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − three =

ページの上部へ