顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ギネス世界記録No.1 プッチンプリン!名誉なパッケージマーケティング】
2013年09月9日

【ギネス世界記録No.1 プッチンプリン!名誉なパッケージマーケティング】

【ギネス世界記録No.1 プッチンプリン!名誉なパッケージマーケティング】おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

いやー。
日本に世界一食べられているプリンがあるんですね!


私はスーギー(杉野健介 http://ameblo.jp/tani-brand-manager/)さんに教えていただきました!

☆☆☆

世界一食べられているプリン

「プッチンプリンなのです!」
皆さんご存じだったでしょうか?

私は、先日コンビニに陳列されているときに知りました。

1972年~2012年3月まででなんと!!51億個以上販売されています。

51億個!日本人が1億2000万人と計算したら42個以上食べている計算です目

売れている販売数以上に長年愛される理由は何でしょうか?

①ターゲットの明確化
プッチンプリンは、容器底の突起を折って容器内に空気を入れることでプリンを皿などにきれいに

落とすことができる。楽しい思い出が私もあります。

遊び心が子どもたちに受けてロングセラー商品になったことを考えると、子どもをターゲットにしたこ

とが最大のヒットの要因だと思います。

②顧客のニーズに対応
1990年には3個パックを発売したり、
93年には「通常よりも、もっと食べたい人がいるはず」と、
内容量が通常の1・6倍の「Bigプッチンプリン」を投入し、
発売直後は生産が追いつかないほどの人気となりました。

③CMによるブランド体験

1995年にはスキャットマンジョーンズによるCM

覚えている人もいるんではないでしょうか?
私も記憶に残っています。
耳に残り、楽しいイメージが子どもがさらに欲しくなるのではないでしょうか?
今はきゃりーぱみゅぱみゅがCMをしているようです。

ヒットし続けるためには、創意工夫し続け、進化することが大事ですね。

☆☆☆

スーギー、ありがとう!
もちろん「ギネス世界記録達成」と大きくパッケージに記入されています!
やっぱり、パッケージマーケティングって重要ですね!

杉野健介さんのブログはこちら
http://ameblo.jp/tani-brand-manager/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + 14 =

ページの上部へ