顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【最中を売らない最中屋さん?都電もなか(菓匠明美)が売っているものはなんだろう?】
2013年12月27日

【最中を売らない最中屋さん?都電もなか(菓匠明美)が売っているものはなんだろう?】

【最中を売らない最中屋さん?都電もなか(菓匠明美)が売っているものはなんだろう?】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

こちら、以前に紹介したことがある
菓匠明美の「都電もなか」です。

東京唯一の路面電車 都電荒川線!
その車両を模したパッケージです!

一台一台がリアルに再現されていますね。
これだけで買いたくなっちゃいます!

この商品に入っている「栞」が笑わせてくれます。
栞にはこんな言葉が書いてあります。

「東京に一つだけ残った
チンチン電車の通る街
梶原に生まれた都電もなかは
かわいいパッケージに
なつかしい想い出ばなし
がはずみます。」

どうです!素晴らしい!

どこにも「美味しい」とも「原材料にこだわり」とも書いてない!
売っている価値は
「かわいいパッケージに懐かしい想い出ばなしがはずむ」ってことです!

パッケージ一つで、売れる理由ができる。
素晴らしいパッケージマーケティング事例です!

ちなみに、もっと面白い秘密が隠されていますので、
その内容はこちらから。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11309540914.html

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 14 =

ページの上部へ