顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージ松浦ネタ > <世の中を変える人物は3人!この3人から意見を取り入れる仕組みが会社には必要>
2018年01月23日

<世の中を変える人物は3人!この3人から意見を取り入れる仕組みが会社には必要>

こんにちは!
最近の若い奴は、、、素晴らしいなーと思っている松浦陽司です。
だって、やっぱり「若者」ですから。

世の中を変える人物の話を聞いたことがあります。
それは3種類の人間だそうです。
1)若者
2)バカ者
3)よそ者

パッケージ松浦が大学生の「インターン」や「社長のかばん持ち」を受け入れているかって聞かれると、ボクはこう答えてました。
「学生たちに“仕事って楽しいよ”って伝えるためです」

でも、なんだか最近、趣旨が変わってきた。
学生の方がボクよりもレベルが上だったりするんですよ!
受け入れている目的を一つ追加するなら「学生たちに会社のイノベーションを起こしてもらうため」です。


今回の四国大学の社長のかばん持ちで来てくれた知賀よしみさんの最終プレゼン課題!
「私ならパケマツをこうイノベーションする」

こんなプレゼンをしてくれました。
「仕事のスタートをパッケージのマーケティングデザインと、講演に絞り込む」
「不要な事業からの撤退」
「パッケージだけの完結ではなく、そこからの人と人、企業を結びつける仕事を開始する」


うーん、こんなことなかなか考えないことです。
こういった意見をもらえるってことが、素晴らしい。
思いつかなかったこと、あるいは何となく気付ているけど言い出せないこと。
「バシッ」っと言ってくれます。

そう言えば去年は徳島大学の澤村明佑美さんも言ってくれました。
<「そうだ、パッケージ博物館を作ろう」と思った徳島大学インターンのお話>
「パケマツはパッケージミュージアムとセミナールームを作ったほうがいい」

そして太田さんが中心となってプロジェクトが動き出す。
完成したのがこちら。

堂々完成!これがパケマツワールドだ!

うーん、パケマツにイノベーションを巻き起こしているね!

世の中を変える人物
1)若者
2)バカ者
3)よそ者

そう、学生さんは若者&よそ者なんですよね。
この人たちがボクたちにイノベーションをもたらしてくれる!
学生を受け入れるのは「教える」ためじゃなくって「教わる」ためなんだって、本当に痛感しました。

知賀さん、しっかりと提案してくれてアリガトウ!
こちらのプロジェクトも進行させて行きますね!
また四国大学での学びの発表会も楽しみにしてます!

カテゴリー | パッケージ松浦ネタ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 − 2 =

ページの上部へ