顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージ松浦ネタ > コミュニケーションの手法 ⑨ 自己重要感を与えましょう
2010年08月17日

コミュニケーションの手法 ⑨ 自己重要感を与えましょう

【9】自己重要感を与えましょう

自己重要感というのは、絶大な効果があります。

※ 「ヤクザの家出少女懐柔マニュアル」

① 少女の話をとにかく聞いてあげる

② 自己重要感を与える(ここにいて良いんだよ、君がいてくれて嬉しい)

たったこれだけのことで、家出少女はヤクザのいいなりになるのです。

それ程までに、自己重要感というのは、絶大な威力を発揮します。

会社で、「お前がいてくれるお陰で今がある。本当に嬉しい。」といわれると、本当に嬉しいですね。

このような言葉、Ⅰメッセージで、その人の自己重要感を高めることが重要です。

自己重要感が高まると、社風がよくなります。

※ 「悪魔のリストラ術」

「君、会社に出社してきてもいいけど、使い物にならない。アンタはいらないよ。」

これを暫く続けると、出社できる人はいません。辞めていきます。

自己重要感をなくすと、その場にいることができなくなるのです。

重要感を高めるのに、褒める、叱るも大切です。愛情がないとできないことです。

褒める8割、叱る2割がいいバランスと思います。

また、褒めるときは、個人名で、名指しで褒めて、自己重要感を高めてあげましょう。

叱るときは、個人名で責めるのではなく、全体にしましょう。自己重要感を損ねないようにしましょう。








カテゴリー | パッケージ松浦ネタ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × three =

ページの上部へ