顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > カイゼンから始まる全員参画経営②(全3回)
2008年11月30日

カイゼンから始まる全員参画経営②(全3回)

引き続き、石原金属 さんのカイゼンセミナーでは、講演という形ではありませんでした。

石原社長もしゃべりましたが、それはほんの10分だけのことです。

あとの80分くらいは、石原金属の社員さんが、発表してくれました。

今回は社員さんの話と、実際のカイゼン事例をメインに投稿します。

●藤本憲一さんのカイゼン活動内容

藤本さん

カイゼンの意識を高めるために

①報奨金を出す

②カイゼン標語の貼りだし

③カイゼン発表会

いろいろな方法があります!

●北村幸子さんのソフトの活用化
北村幸子さん

毎日60通くらいの手紙を出します。

これを手書きで出します。

これが大変な苦労でした。

そこでクロネコのB2ソフトというのをダウンロードしました。

すると、最初の登録だけで、あとは次項で宛名書きができます。

無料ソフトなので、是非、お試しください!!

→はい!パッケージ松浦でも真似て、パクらせて頂きます♪

●板東孝浩さんのメモの重要性
石原金属の皆様

「これはカイゼンする余地があるのでは?」

そう思ったことは、必ずノートにメモします。

メモしないと、「あれ?なんだったっけ?まぁ、いいか」で終わります。

メモすると、「そうだ!これをカイゼンしよう!」と思い出します。

皆様も、是非、メモを大切にしてください。

●郡晋平さんのカイゼン事例
ミニホワイトボード

一人ひとりのボックスに、ミニホワイトボードを貼り付けています。

これに伝言を書き込みます。

一人ひとりに明確にメッセージが伝わることはもちろん!

紙の省資源化にもなります。

100円ショップで色々と活用できる物が売っておりますので、是非、ご活用ください。

●今回の感想

石原金属 さんの凄いなと思うところは、今回のように社員さんが活き活きと発表されるところです。

たくさんの経営者を前に、社員さんが堂々と発表できる会社は、数えるほどしかないと思います。

来年はパッケージ松浦でも、明石がメインでカイゼンセミナーができるくらいになっているだろうか?

楽しみにしながら活動していきます!

それでは、明日は

③実際のカイゼン現場

楽しみにお待ちくださいませ♪

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − 3 =

ページの上部へ