顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > <阿波踊り期間中にふと思った全国チェーンのホテルの対応について考察>
2016年08月29日

<阿波踊り期間中にふと思った全国チェーンのホテルの対応について考察>

阿波踊り期間中に思ったこと。
とある全国チェーンのホテル玄関にこんな張り紙が!
「当ホテルをご利用の方以外のトイレをご利用はお断りさせていただいております」
ちなみに自動ドアもストップさせてました。

14159268_10205118879010547_39943290_n

さあ、もし私がオーナーだったらどうしたかな?
「阿波踊り期間中、どこのトイレも混雑して大変かと思います。当ホテルでは1階トイレを開放しております。どうぞご自由にお使いくださいね」
こうしたいな。

阿波踊り期間中ですし、宿泊客も許してくれるでしょう。
(宿泊客は基本的に自分の部屋のトイレを使うでしょうしね)

もちろん、目の前を通る人は直接現在のお客さんではないかも知れません。
一時的にはトイレ開放は不利益になります。

でもね、私がこの「お断り張り紙」思ったのは
「うーん、このホテルのことちょっと嫌いになったな。県外出張行った時に泊まるの止めようかな」ということです。

さらに県外からお客さんに
「徳島に泊まるのにどこのホテルがいいですか?」と聞かれた時に、
「うん、××ホテルは止めておいたほうがいい」というかも知れません。

目先の不利益。
その先の利益。
・・・というか、お客さんや地元の人を大事にしているか?

昨日の夏休み最後の日曜日の夜に思ったことは概ねそんなことでした。
あ、おはようございます(笑)

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =

ページの上部へ