顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > <まっすー&キャップのコラボセミナー 「POPがかけると販促が10倍楽しくなる!ワーク&セミナー」>
2017年11月5日

<まっすー&キャップのコラボセミナー 「POPがかけると販促が10倍楽しくなる!ワーク&セミナー」>

2017年11月1日(水)
2日間滞在した北海道から東京の神保町へ移動!

まっすー(増澤美沙緒さん)キャップ(松野恵介さん)のコラボセミナーに参加してきました!
「POPがかけると販促が10倍楽しくなる!ワーク&セミナー」

ボクがマーケッターや販促アドバイザーとしても尊敬してるし、
なにより、二人の人柄が温かいんですよねー。

POPとパッケージって、違う気がするけど、実は共通点もたくさんある!
楽しみに参加してきました!


宮脇美樹さんが来るのは知ってたけど、
・・・あ!斉藤実さん!
おおっ!ジョーカー(米谷仁さん)!
久しぶりの人が居て、テンションが上がったなーーー!

さて、冒頭。
まっすーとキャップが言われたのは
「販促とは売り込みじゃない」ってこと。

まっすーは「販促=親切」と説きます。
お客様は分からないことがいっぱいある。
水があっても何か分からないから、例えばPOPで知らせると「あ、こんなお水があったんだ」とお客様がわくわくして買い物ができるってこと。

キャップは「販促=価値を届ける」と説きます。
この商品が「相手にとってどんな価値」があるのか届けるってこと。

なるほどねー。


まずはキャップのセミナー!
POPで、お客様に「値段以外の買う理由」を教えてあげよう!
そのための5つのポイントを教えてくれました。

その1 ターゲットに呼びかける
・三歳の男の子をお持ちのお父さん、お母さんへ
・一ヶ月のうち、半分以上出張している方へ
・最近、なかなか眠れないあなたに

その2 お客様の声をそのまま使う
・ホントに信じていいの?
・え?!これ、罰ゲームでしょ?
・「お前、最近シミが薄くなってきたよな」使い始めて19日目のことでした・・・

その3 具体的な数字を使う
・5キロ痩せる服入荷!?

その4 自分が好きな理由を書く
・わたしも販売日に買っちゃいました。

その5 知らないことを教えてあげる
・ご存知ですか?
・知っていましたか?

こんな風にすると伝わりやすくなる!
価値が届きやすくなる!


引き続いて、まっすーのセミナー。
冒頭の話が深くて温かいなー。

「POPをつけてよかったってだけで終わるんじゃなくって、お客さんが楽しんでもらえるように親切で情報を伝える。
するとお客さんが喜んでくれて、POPを書いた人がそれを見て喜んで、仕事ってこんなに楽しい!『たのしごと』なんだ!
たのしごとが日本中に広げていきたい」

そして、POPを実際に書いてみる実習へ!
みんな笑いながらも、しっかりPOP書いてましたよー。
あーーー、楽しかった!
まっすー&キャップ、そして一緒に参加した皆さん、ありがとうございます!!!

<懇親会の思い出>
実はここからがさらに楽しかった(笑)

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × three =

ページの上部へ