顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > 【「誰も喜ばない2%OFF」を「誰かが飛び跳ねて喜ぶ2%OFF」に変える方法】
2018年11月10日

【「誰も喜ばない2%OFF」を「誰かが飛び跳ねて喜ぶ2%OFF」に変える方法】

「本日お値段20%OFF」
こんな言葉を聴いて、心の奥底から喜ぶ人って何人いるんだろう?

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。


お客さんって、もう安売りに「麻痺」しちゃってるんですよね。
「20%OFF」って聞いても、
「あー、そのくらい普通よね」と感じる。

いや、それだったらまだまし。
「安いのには理由があるんでしょ?」
「賞味期限寸前なんじゃ?」
「最初っから20%高い値段設定しているだけじゃないの?」
なんて思うお客さんもいる。

うーん、じゃあ、20%OFFする価値なんてないんじゃないんだろうか?

20%OFFでこうだから、
きっと、こんな安売りしたら怒られるよね。


2%OFF(笑)
「お客さん、ラッキーです!
本日限りで、100円のところ、98円なんですよ!
お買い得です!」

・・・なんて言っても、
誰もラッキーとは思わないだろうなー。
「小銭増えて邪魔やん」と思われないかな?

では、「めっちゃ、ラッキー!やったーーー」
と、思われるような安売りってなんでしょうね?


ANAが昔なんですけど、やってくれました!
これはすごい!


50人に一人無料!
(※2002年のキャンペーン)

すげーーー!
これは面白い。

ボクだったら、
「ピコーン!あ!お客さん、あなたは無料です!」
なんて言われた日にゃ、
「マジっすかーーー」と叫んで、
隣にいる知らない人とハイタッチして、握手しちゃいそうです(笑)
そして、絶対にSNSにアップするなー。

当たった人がめっちゃ喜ぶこの安売り!
実は実質的には「2%OFF」なんです。
だって、50人に一人ですから!

どうせ、値引きするなら、お客さんが喜ぶ値引き!
なんだったら、SNSにアップしたくなるような値引き!
こんなことをやらないといけませんよねー。

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 15 =

ページの上部へ