顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > 【儲からない会社の、儲からない理由】~真田ジャパン 五月女明氏講演~
2019年10月24日

【儲からない会社の、儲からない理由】~真田ジャパン 五月女明氏講演~

<パワハラ?いや、既に傷害事件?>

工場で作業中、社長がスパナで社員の頭を殴った!
「う、う、訴えてやる!」
そんな風になるのが当たり前。

でも、その社員さんは
「社長の愛情を感じた」を言ったそうです。
どういうことなの??

実はこのエピソードは
HONDA創業者の本田宗一郎さんのエピソードだったそうです。

<社員の幸せを願う人間力教育で自社を活性化させ地域を元気にしていこう>

2019年10月19日(土)
理念と経営経営者の会in香川に参加をしておりました。

「社員の幸せと会社の成長」
株式会社 真田ジャパン 五月女(そうとめ)明氏のご講演です!

冒頭に「家訓」の話をされておりました。

五月女家 家訓
一、 人を喜ばすこと
一、 人の恩を忘れぬこと
一、 分相応で世を渡ること

会社に理念があるように、家にも家訓がいる。
家庭でも目指すべきところを示すことが必要ですと。

<五月女明氏 入社時の決意>

五月女さんは事業継承した2代目なのですが、
会社に入社した当時に決めたことが2つあるそうです。

「人の2倍働く」
「親からお客さんは貰わず、全部自分で開拓する」

だから、一人勝手に、昼と夜の2部制で働いたそうです。
「人の2倍働いたから、人より2倍幸せになる」と強く信じて。

ちなみに、当時のお仕事は「空き瓶回収業」とのことでした。

<儲からない会社の、儲からない理由>

人の2倍働いて、新規顧客も次々に獲得!
絶対に儲かってる!
そう思って、親父に決算書を見せてもらって愕然としたそうです。

売上  4億2000万円
経常利益   200万円(0.5%)

「あんなに働いたのに、
1日16時間も働いているのに、
なぜ、うちは儲からないんだ?!
このままじゃ潰れる」

なぜ、そんなに儲からないのか?
とことん考えたそうです。

そこで気づいたのが空き瓶回収という仕事の仕組み。
「40円で仕入れてきてごらん、そうしたら43円で買ってあげる」
そんな業者の話を素直に聞いて頑張ってきた。

ただ、この仕組みは
「入値」も「売値」も業者が決めてしまっている。
自分で決められない!
だから儲からない!

「自分で入値も売値も決めれる仕事がしたい!」
そんな思いで、ごみ収集へ移行していくことになったそうです。

<真田ジャパン 五月女明氏>

間はかなり省きますが、
現在では、産業廃棄のお仕事ですが、同業他社からベンチワークが絶えない!
新規事業「ご家庭なんでも応援隊」も、絶好調。
利益もしっかり出ている、すごい会社になっています。

それもこれも、ボクは五月女会長のお人柄もあると思いました。
年齢はたしか74歳とお聞きしたのですが、元気そのもの!

「この人についていきたい」
そう、社員さんが感じてしまうのでしょう。
冒頭の、本田宗一郎さんのように。

勇気を頂いて、ありがとうございました。

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + thirteen =

ページの上部へ