顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > <日本のモノづくりを変える??「かわいい」が世界を変える?>
2013年02月7日

<日本のモノづくりを変える??「かわいい」が世界を変える?>

<日本のモノづくりを変える??「かわいい」が世界を変える?>
 
パッケージマーケティングではなく、余談の話。
今朝ほどの「かわいい」の記事(http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11465399296.html)の追記です。
 
 
「かわいい」キャラクターなどが、
パッケージの視認性(アイキャッチ)を高める話を書きました。
・・・が、「かわいい」はそれだけでは収まらない!
 
 
日本のモノづくりを根本的に変える可能性だって秘めています。
 
広島大学大学院の入戸野宏准教授(認知整理生理学)らの研究チームが

96人を対象に「かわいい」画像が行動に与える影響を調べました。

細かい部品をピンセットでつまみだすゲームを2回行います。
 
①普通の画像を見た後では9%作業効率が向上!
②かわいい画像を見た後では約33%作業効率が向上!
 
その差は歴然だったんです。
「かわいい」で作業効率が上がるんです。
 

ちなみに、ドラえもん、アンパンマン、キティーちゃん、ピカチュウを始めとする人気のキャラクター。
だいたいが白銀比「1:√2」(1:1.1414)でできあがっています。
(黄金比と白銀比の記事 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11130766479.html )

「かわいい」がなぜ作業効率をあげるのか?
まだ科学で証明できないそうですが、興味深いデータです。

 
 
「かわいい」「KAWAII」が日本を変える日が来るかも知れませんね。

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − 3 =

ページの上部へ