顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 創客ネットワーク > <アービンズ 松本英次氏の「アービンズの取り組み」 創客ネットワーク 西日本ブロック特別例会>
2014年12月7日

<アービンズ 松本英次氏の「アービンズの取り組み」 創客ネットワーク 西日本ブロック特別例会>

<アービンズ 松本英次氏の「アービンズの取り組み」 創客ネットワーク 西日本ブロック特別例会>

2014年12月6日(土)

創客ネットワーク 西日本ブロックの特別例会
基調講演の第二弾!
アービンズ 松本英次氏の「アービンズの取り組み」

私とアービン(松本英次氏)が出会ったのは、
たぶん、2012年のことと思います。
そのときは同じような悩みを抱えていました。
「業者扱い」です。

業者を一同に集めての「これ、見積もりして」
そう言われると、見積もりするのですが、
どれだけ自社の特徴、強み、唯一性、独自性を伝えても、
結局は「・・・で、何円なん?」で終わり。

つ、つ、辛い、辛すぎる!

「なんか、提案してみて」
一生懸命に提案しても
「なに、変なこと言ってるの?」
「・・・で、何円なん?」

泣きそうですよね。

でも、仕事はない。
遂に言ってしまう。
「価格は合わせますよ」

あぁ、自分で自分の首を絞めている。
こんな悩みです。

だから、松本さんは考えていたそうです。
「お客様の業者」でなく
「お客様とパートナー」へのポジションの変更を。

それから、圧倒的な知識を仕入れ
集客セミナー活動なども行う。
だんだんとお客さんの社内で行うセミナーが増えてくる。

すると、「アービンズでサポートして欲しい」!
お客さんFBのページの管理を行うようになる。
さらにお客さんと「一緒に新事業やりましょう」というような
そんなポジションになる。

もう完全に「業者」ではなく、「パートナー」!
価格競争から脱しているそうです。

私は実は、松本さんにちょっと近づいているのかな?
そのように思ってました。

でも、実際はその差は広がるばかりでした。
情けない(泣)

しかし、本当に私の遥か前を走って、
背中を見せてくれる先輩がいるって有り難い!
松本さん、ありがとうございます。
背中を見失わないように、私も追いかけます!

カテゴリー | 創客ネットワーク

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 3 =

ページの上部へ