顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 創客ネットワーク > <空腹を満たす店よりも心を満たす店でありたい 中心屋(和歌山) 斉藤忠孝氏講演>
2015年04月10日

<空腹を満たす店よりも心を満たす店でありたい 中心屋(和歌山) 斉藤忠孝氏講演>

<空腹を満たす店よりも心を満たす店でありたい 中心屋(和歌山) 斉藤忠孝氏講演>

2015年3月14日(土)
創客ネットワーク 和歌山例会
中心屋 代表取締役 斉藤忠孝氏
「空腹を満たすよりも心を満たす店でありたい」

斉藤社長はとっても笑顔の素敵な方です。
でも、とっても、とっても、志に燃えた熱い方です!

最初は居酒屋の中心屋の経営。
そして、ちゃんぽん屋の経営進出!
中国の大連への進出!

次々と新しいチャレンジをされてます。
それも次々と成功!

今は、委託宅配業務の再建を依頼されて引き受けているそうです。


「なぜ、そんなにチャレンジするのですか?」
そんな私の疑問に、こんな風に答えてくれました。

経営者としてのカンが活かされるのは、あと10年くらいと思ってます。
だから、
焦りがあります。

でも、日創研のお陰で、可能思考が埋めつけられているから
「よし、やろう」となるんです。

例えば、中国の大連になぜ、進出したかということですが、
「なんとなく、日本風居酒屋が大連で流行っているのですが、
日本の居酒屋とは全然違う!
“日本の居酒屋”が間違った形で中国に伝わったら嫌だ!
“さすが日本の居酒屋”というのを伝えていきたい」
このような思いだそうです。

本当に熱い思いで経営される斉藤社長!
私も「パッケージを変え、世界を変えねば!」とさらに真剣に思いました。

ちゃんぽんも、居酒屋もめっちゃうまかったです!
中心屋
http://chushinya-omoya.com/

斉藤忠孝社長!ありがとうございます!

カテゴリー | 創客ネットワーク

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 15 =

ページの上部へ