顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島盛和塾 > <経営や優しくか、厳しくか、それとも違うのか?>~盛和塾<徳島>DVD例会にて~
2018年05月27日

<経営や優しくか、厳しくか、それとも違うのか?>~盛和塾<徳島>DVD例会にて~

2018年5月22日(火)
盛和塾<徳島>例会inパシフィックハーバーでした。
こんな素敵な環境で学べるなんて、贅沢です。

今回は、稲盛和夫塾長のDVD例会。
通常は動画を観たあとにディスカッションをするのがパターン。
でも今回は手法を凝らします。


発案者は山のせの早藤晋弥さん。
1 問題定義
2 ディスカッション
3 動画を観る
4 再びディスカッション
こんな風に動画の前後にディスカッションを挟むパターンでした。

なんでこんな風にしたのか?
早藤さんは説明してくれました。

「動画を観る、つまり“答え”を見るようなものなので、ディスカッションの方向性が決まってしまう」
「その前に、自分でも考えることが必要だ」

なるほどねー。

ちなみに、問題定義はこんな感じでした。
「社員さんに優しくするべきか、厳しくするべきか」

最初のディスカッションではいろいろと話がでました。
「昔の感覚だったら厳しい方がいいんだろうけど、今は優しい方が?」
「事業の目的・意義をしっかり共有できていたら、厳しくても大丈夫では?」
「物心両面の幸せのためなら
「厳しくするといろいろと問題が」

なるほどいろいろな意見が出てきます。


そして、稲盛塾長動画を視聴。
若き日の稲盛塾長が血気盛んに語ります。
すると、ボクにとっては予想だにしない回答が!

「優しくとか、厳しいじゃない」
「自分が、自社が、どこを目指すかがまず大事なんだ」
「その目指す先に向かって、自分は、自社は、どうするかなんだ!」

問題定義そのものを否定されました。
その後のディスカッションでは
「そうだよね、眉山を登るのか、エベレストを登るのかでは、準備も気構えもまるで違う」
「“この程度の会社でいい”と思ったら、この程度の経営」
「“いや、うちは必ず経常利益10%を目指すんだ”と思ったら、それ相応の経営」

方法論よりも、まずは「自分が目指す先」
つまり、ビジョンや目標が大切なんですね。

稲盛塾長、そしてディスカッションしてくれたソウルメイトの皆さん、ありがとうございました!!

PS
それにしてもパシフィックハーバーでのコンパはサイコーです。
料理もサイコー。

そして、ソウルメイトのスピーチも学びになります!

カテゴリー | 徳島盛和塾

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + four =

ページの上部へ