顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <徳島経営研究会 経営理念委員会  「あなたの知らない世界 その3」 ビジネスの原理原則>
2016年08月10日

<徳島経営研究会 経営理念委員会  「あなたの知らない世界 その3」 ビジネスの原理原則>

2016年8月4日(木)
徳島経営研究会 経営理念委員会
「あなたの知らない世界 その3」が開催されました!

講師はその1、その2に引き続き、徳島経営研究会メンバーの西村自動車の西村博氏!!
今回が最終回です!

IMG_0346
今回は「ビジネスの原理原則」の話です。
よく企業では新人研修として「とにかく飛び込み営業して売っておいで」というのがあります。
・・・が、これは原理原則を無視しているということです。

「営業とは、断られた時から始まる」というのも現在ではNGです。
それで売ったら「押し売り」になってしまいます。

IMG_0574
原理原則を踏まえると、
1 告知
2 広告
3 営業
この3ステップを踏んでいかないと、売れるものさえ売れなくなるのです。

IMG_0572
1 告知
最初は「このあたりを担当することになった西村です」と告知だけ。

2 広告
次に「我が社の商品とサービスはこんなです」と広告だけ。

3 営業
最後に問い合わせがあった人にだけ「この商品はこういうメリットがありまして」と営業する。

そうなんです。
この順番を踏んでないといけないんです。
「初めまして西村です!いきなりですけど、買ってください!」と言って買う人、いないですよね!

IMG_0349

でも、企業は「買って欲しい」。
だから「いきなり営業」で「売りつけ」ちゃうんです。
ここは反省しないといけませんね。

IMG_0576
さらに言われたのが
「中小企業の最大の欠点は、今の商品を同うるかに必死。
お客さんが欲しくもない商品を売り続けている。
お客様が欲しがってもいない商品の売り方を学んだり研究してはダメ!
その前にお客様の求めている商品を生産し、扱うべきである。」
うーん、深いです。

「売上高は、売った金額の合計じゃないです。
買ってくださった金額の合計です。」
うーん、さらに深いです。

IMG_0343
中小企業だからと甘えず、
常に変化対応していく姿勢が必要であると強く感じました!
西村博さん、3回に渡ってありがとうございます。
大変な学びになりました!

IMG_0388
懇談会でも質疑応答が飛びまくる活発な会になりました。
ありがとうございます。

IMG_0568
※その1の様子。
http://www.ntkk-tokushima.com/report/726.html

※その2の様子。
http://www.ntkk-tokushima.com/report/740.html

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − 6 =

ページの上部へ