顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 心にしみる顧客満足⑥⑦⑧ ~中村文昭さん~
2009年09月5日

心にしみる顧客満足⑥⑦⑧ ~中村文昭さん~

【6】 挑戦の反対は、失敗ではない


挑戦の反対は失敗ではありません。

挑戦は前向きに行動したことです。


挑戦の結果、残るのは「成功」か「成長」です。

「失敗」は絶対に残りません。


みなさん、どんどん失敗しましょう。




【7】 作業をするな、仕事をせえ!


先ほどの「ジュース、買ってこい」の依頼に対して、あなたであればどう行動しますか?

儲けには関係ないから、適当にしよう。

上司に怒られるから、仕方ないな。

相手は買い物に10分かかると思っているだろう。それならばもっと早く帰ってきて、びっくりさせたれ!


相手の予想通りの「作業」をしてはならない。

仕事とは、「相手の予想を上回ること」です。


②は予想の範疇です。

ここは③で考えましょう。

しかも猛ダッシュで予想の半分の時間で買い物をしたらどうなるでしょう。


相手はびっくりして、「お前、仕事が早いなぁ」本当に喜ばれます。


「相手の予想を上回る」というのが仕事です。

せっかくやるのであれば、一生懸命です。


ジュースを猛ダッシュで買ってきて、汗だくで「お待たせしました!」と言ったとき、相手は「え、なんでそんなに早いん?お前すごいやん」と見る目が変わるはずです。


【8】 選択肢はなし

0. 2秒で「ハイ」という返事をするわけですから、考えている暇はないです。

返事には「ハイ」と「イイエ」があるのではありません。

「ハイ」か「YES」しかないのです。

パッケージ松浦 のブログ

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

3 件のコメント

  • ふぶき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    準備8割仕上げ2割で120%の仕事がこなせる様に仕事をすれば、営業理念の成果の共創につながりますね。考えて仕事をしましょう。

  • 近藤聖子 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    相手の期待以上の事をして喜ばれる、ほめられる、認められるのは自分も嬉しいのでまたしようと気が起きて、プラスのサイクルが生まれるので、小さい事こそ期待を越えるのは、相手の喜びが目に見えて分かるので私は好きです★

  • SECRET: 0
    PASS:
    たくさん失敗するということは、それだけ成長するチャンスがあります。何かやることを与えられているのですから、そこから色々学んでいきたいです。相手の予想を上回ることが出来ればひとは感動します。そしてそれを最低ラインに置いて、次回からはそれを更に上回って改善を繰り返し、お客さんに毎回「あいつは違うな?」と思わせられれば勝ちだと営業スキルアップで学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 13 =

ページの上部へ