顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <強い会社って何? 経営戦略のキーワードは「マーケティング」!>
2018年06月9日

<強い会社って何? 経営戦略のキーワードは「マーケティング」!>

2018年6月7日(木)
日創研 徳島経営研究会6月例会が開催されました!


講師 日創研 古永泰夫講師!
テーマ “経営戦略のキーワードは「マーケティング」”
豪華2部構成で4時間開催されました。


今回の例会は16:15開始という早い時間帯だったにも関わらず!
100名近い方にご参加頂いて、みんな学ぶ気マンマン!
マーケティングへの関心の高さが伺えます。


冒頭で古永講師はマーケティングへの誤解を解いてくれました。
いわゆる「マーケティングって難しい」って誤解です。
「マーケティングのスタートは“相手の立場に立つ”ってこと。難しいことじゃない」って話してくれました。


例えば最近の大ヒット商品で「ざんねんないきもの辞典」って本があります。
ネーミングで笑っちゃいますね。
この本は「読書嫌いな小学校4年生の男子」を顧客として書かれたものだそうです。

この男子小学生の立場になって考えます。
「本が嫌いなのは、難しくて、文字ばっかりだからだ」
「内容自体が面白くない」
「読んでもネタにならない」

そこでこんな風に切り替えるんです。
「イラストを多くして、好奇心をくすぐろう」
「内容も人に話したくなるようなネタを」
「知ったら友達に話したくなるような文章で」

するとこんな内容。

バク
うんこをするときは、水の中。臭いで虎などの敵に襲われないようにするためです。

メガネザル
大きな目を持つメガネザル。頭蓋骨よりはみ出るほど目が大きすぎて、目玉が動かせない。そのかわり、首は真後ろまでまわります。

うーん、興味深い(笑)
こんな風に「顧客を誰にするか」がしっかりすると、商品が、サービスが、変わってくるんですね!
なるほどです。

「顧客思考」
・顧客の立場に立って、顧客の悩みや痛みお困りごと、願いや希望を感じ取り、それをいかに解消し、解決していくかという考え方である。
こんな風な思考で発想していくと楽しいですね。
途中ではいろいろとディスカッションも取り入れてくれて
グループになって討論します。
その一つが「強い会社ってどんな会社?」


改めて聞かれると、うーーーん。
グループではいろいろな意見が出てきます。
「他社が作れない商品がある会社」
「ダントツ技術の会社」
「会社の会議がお客さんに見せられる会社」などなど。
でも、確かに改めて聞かれるとよく分からない。
これからの話はどれも正解と思います。


その上で、古永さんはこんな風に語ってくれました。
「強い会社とは?」
1 全員のベクトルが合っている
2 財務基盤が強い
3 社風が良い
4 経営理念が浸透
5 経営環境の変化に迅速に対応できる
6 組織力と個の力のバランスが良い


なるほど。
これが強い会社か。
こんな会社を目指して行こうと強く思いました。


そして最後のまとめ。

「マーケティングのスタートは“顧客”から始まる。
その顧客と共に、自社も始まる。
そして最終的な目的(エンド)に至る。
目的達成のためのエンディングストーリーが、マーケティングである。
マーケティングは、顧客とともに、社員と共に、ステークホルダーと共に、地域とともに、社会とともに、世界とともに、自社とともに、永続のストーリーである。」

古永講師、ありがとうございます。
永続ストーリーを描いて行きます!

下記は例会アンケートから4名を紹介させて頂きます。
ご参加頂いた皆様もありがとうございました!!!

<小林ゴールドエッグ 小林真作さんアンケート>
・どんな価値でお役立ちするか
・誰にお役立ちするか
くり返しおっしゃってくださった部分、まだまだ足りないなと実感しました。
本日、幹部と共に参加させて頂きました。
社員とともに考え続けてまいります。
たくさんの学びと気づきをありがとうございます!!

<アトリエココロ 渡邊由紀江さんアンケート>
「マーケティングの本質は相手の立場になること」
誰に買ってもらうか?
しっかりと顧客を定めてマーケティングを行い、長く続いていく企業にしていきたいと思いました。
ニーズマトリックスの話、現在、弊社の社長が取り組んでいることと繋がりました。
それをしっかりと推し進めて行こうと気持ちを強くしました!
ありがとうございました。

<木のおもちゃデポー 西原美智代さんアンケート>
古永講師、本日はありがとうございました。
マーケティングやイノベーションの言葉をとてもわかりやすくお話くださいました。
難しく考えずに、もっともっと頭を柔らかくして、楽しくいろんな発想をしていきたいと思いました。
みんなのベクトルを合わせて、小さくても強い会社にしていきたいと思います。

<カフェカフス 澳津(おきつ)美奈さんアンケート>
古永講師、ありがとうございました。
カフスは7月オープンの新店舗が控えています。
次店舗を任せるメンバーと一緒に聞けたことがとても嬉しかったです。
これからの商品開発、売り方、ディスプレイの仕方に、
マーケティング×イノベーションを繰り返して、絶対に成功してみます!
ありがとうございました♪

運営スタッフの皆さんもありがとうございました!!

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 5 =

ページの上部へ