顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <人間とは本来 強いのでしょうか? 弱いのでしょうか?>~赤鹿地所様ベンチマーク~
2019年02月15日

<人間とは本来 強いのでしょうか? 弱いのでしょうか?>~赤鹿地所様ベンチマーク~

人間とは本来
強いのでしょうか?
弱いのでしょうか?

あなたはどっちだと思いますか?

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

2019年2月12日(火)
姫路経営研究会へのベンチマークツアー第1弾!
赤鹿地所さんへ訪問してきました!


赤鹿保生社長とは、もう12年前の20TTという研修でご一緒させていただきました。
去年はマネジメントディレクターとしてもご一緒。
何かとご縁ごいただいてます。

さて、冒頭の質問です。

人間とは本来
強いのでしょうか?
弱いのでしょうか?

ボクは「強い」と思います。
だって、まだボクは自殺もせずにちゃんと生きてるし(笑)


赤鹿さんは「どっちかが正解で、どっちかが間違いではない」としながらも
「人間とは本来、弱い」と赤鹿論を話されました。

「人間の弱さを認めた」上で、
人財育成を考え、実践しているとのことです。

社員に求めるものは「業績を上げる」こと。
それにあたって必要な人物像は。
1 自ら行動する
2 成果(結果)を出す


このために、
弱い人間でもできる「自己管理の仕組み」を作られています。

1 経営計画書に自分の役割が記載されている
2 成果だけの管理するのではなく、行動が管理できている
3 Aタイム(業績に直結する時間)が見える化され、月2回は実行管理する機会がある。
4 ショートゴール(月次計画)が設定されている。

あんがい行動にフォーカスせずに、
「それで、売り上げなんぼ取って来たねん?」と
成果だけを管理している企業が多い。
だから、ちゃんと行動にもフォーカスを当てていく。

なるほど。
そして、弱い人間でも、高いスキルがなくても、
「成果がでる仕組みづくり」として
1 権限移譲をする(値付けも社員が決める)
2 提案制度で職場環境の改善(経営)に参画できる
3 行動の結果の因果関係を分析できる仕組みがある
4 人事評価の内容が見える化されている
5 人生ビジョンをこの会社で実現する環境づくり

などを計画されています。
これによって、
自ら行動してくれて、結果を出す人材教育がなされているのですね。

そして、赤鹿さんの特別の計らいで!
なんと!
実際のマネジメント会議の様子を生で見せてくださいました!
(本来は会議の日ではなかったそうなのに、ありがとうございます)


徳島経営研究会のメンバー、身を乗り出しすぎ(笑)
赤鹿地所スタッフはたいへんなプレッシャーの中の会議のなっちゃったのでは(笑)


「会議の3S」というのがあります。
ショート  短く
シンプル  簡潔に
ストレート 直接的な表現で

ですので、発言するときのルールとして
出だしは3つの言葉になります。

1 質問があります
2 意見があります
3 提案があります


これにより、3Sが実現できるのです。
例えば、こんな感じ。

質問があります → チラシ10000部配布したそうですが、それで何人来店しましたか?
意見があります → チラシの××の表現は効果が薄いということので、他の地域にも配布したらいいかと思います。
提案があります → 資料にアンケートを追加したらどうでしょうか?

大切なことは、建設的な視点で、「指摘」のみではなく、「提案」型で意見を言うこと。
上司から部下、部下から上司、本当に3Sで会議しあいます。

会議を見ているだけなのに、時々、徳島経営研究会メンバーからは歓声があがります。
例えば
S課長「提案です。F課長の取り組み6軒訪問は素晴らしい。私もやります。そして、T係長、一緒にやりませんか?」
など、F課長の行動を見て、S課長は自分も、そしてT係長にも
スパイラスアップした行動目標を設定しているんですね。

こうやって、成長していく仕組みが回っているんだ。
「会議で人財育成している」とも言われていましたが、
その状況を目の当たりにして、歓声があがっていたのですね。


本当に勉強させていただきました!
赤鹿社長、スタッフの皆さん。
本当にありがとうございました。

赤鹿地所
http://www.akashika-jisho.co.jp/

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − eight =

ページの上部へ