顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <日創研 徳島経営研究会 新年総会例会③ パートナーシップ経営塾 代表 玉井和幸氏講演>
2014年01月27日

<日創研 徳島経営研究会 新年総会例会③ パートナーシップ経営塾 代表 玉井和幸氏講演>

<日創研 徳島経営研究会 新年総会例会③ パートナシップ経営塾 代表 玉井和幸氏講演>


2014年1月17日(金)
日創研 徳島経営研究会の新年総会例会。
愛媛経営研究会から豪華3名の講師に来て頂いての講話!

三人目はパートナーシップ経営塾

代表 玉井和幸氏  
営業の極意を語ってくれました。

「例会に参加してくれませんか?」
そう、会員メンバーに電話をする。
でも、相手は面倒くさそうに電話に出て話をする。
断られる。
まだ電話にでてくれればいいのですが、
でないし、かけ直してこない。
そんなことってありますよね。

それは、あなたの電話が相手にとって嫌な電話だからです。
「あ、××からの着信だ!どうせ例会の出席確認だろう」
「面倒だ、嫌だ、でなくていいや」
こう思われているのです。

なんて、そんな風に思われるか?
それは例会の時しか電話をしないからです。
普段から接していないからです。

あなたが普段からその人に接していて、
嬉しい電話をしていたらどうでしょう?

「あ、××さんからの電話だ!」
「きっと楽しい話だろう」
電話に出てくれますね。

そして、
「ところでちょっとお願いなんだけど、例会にでてくれない?」
何回かに一度、こうお願いすれば
「久しぶりだし出ようか」となります。

やはり普段からどう接しているかが大事。

社長がいつも社員を怒っていたら
「あ、社長からの着信だ。また怒られる」

社長がいつも社員を誉めていたら
「あ、社長からの着信だ。なんて誉めてもらえるんだろう」

一人ひとりと普段からどのように付き合っていくのか。
考えさせられるお話でした。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + sixteen =

ページの上部へ