顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <日創研 徳島経営研究会 例会 「戦略と感性」 美容室シオン 鳴滝文雄社長>
2015年03月25日

<日創研 徳島経営研究会 例会 「戦略と感性」 美容室シオン 鳴滝文雄社長>

<日創研 徳島経営研究会 例会 「戦略と感性」 美容室シオン 鳴滝文雄社長>


2015年3月14日(土)
日創研 徳島経営研究会 例会 「戦略と感性」 
有限会社 美容室シオン http://www.salon-sion.co.jp/
代表取締役 鳴滝文雄氏

平均リピート率が業界の3倍以上の90%を誇る美容室シオン!
10年間でたった2名しか辞めていないという驚異的な離職率の低さ、徹底的に社員sなんを大事にする美容室シオン!

みなさん、楽しみに聞いて頂きました。
会場は開始前からほぼ満員で、熱気に包まれていました。
ありがとうございます。

●経営ビジョン
1997年に初めて日創研のSA研修と出会い、その時にビジョンを構築したそうです。
「2002年の12月までに、徳島No.1美容院をつくる!」

美容業といえば、離職率が高い、社会保険も入ってない、学校の先生が「美容業はやめておけ」というような業界だったそうです。

鳴滝さんは「こんな業界はおかしい」と感じていたようです。
「もっと人が入ってくれる会社にしたい。それにはシンボル店がいる!」とうビジョンを持ちました。


実際に、ビジョン通り、2002年にシオン城東店を立ち上げ、徳島の美容業界ではトップになっています。

鳴滝さんは語ります。
「ビジョンのある会社はエネルギーが生まれる。大きなビジョンをぶち上げて欲しい!思ってたらできるんです。」

●現在のビジョン
「シオンブランドを確立する。(徳島の)美容業界のリーディングカンパニーになり、美容師の社会的地位を更に向上させる。」

鳴滝さんは「美容師に誇りを持って欲しい」と考えています。
美容業の人は、本当に勉強するのに、社会保険もなく、給料も低いというのはおかしい!


徳島の美容業界を引っ張るようなリーディングカンパニーになり、美容師の社会的地位を向上させる会社になりたい!
羨ましがられるような会社にしたい!

先日、専門学校の就職担当の先生が鳴滝さんに言ったそうです
「シオンさんは、就職の人気おすすめなんですよ!」
この言葉を聞いたときに
「あ!リーディングカンパニーに近づいた!」と感じたそうです。


●中小企業の最大の戦略は人材育成である。

某大手回転寿司チェーンは大流行りです。全飲食店の驚異となってますね。
あそこのシステムがすごい!
システムで勝とうと思ったらダメ。
絶対に勝てることは社員さんだ。

語弊があるかもしれませんが
「大企業は人材を武器にせず、システムを武器にしている。
中小企業はシステムを武器にせず、人材を武器にしないといけない」

●朝礼の3分間スピーチ


理念、ビジョンに基づいて、社員さんが実感として感じたことをスピーチする。
発表するということは、自分のものになるということ。

学、業、伝
まず学ぶ、そして学んだことを、自分で行動(業)する。なおかつ、人に伝えていきます。このことを通して、理念が浸透していく。

●1分間のフィードバック
他の社員さんが、3分間スピーチに対して、1分間のスピーチで答えていく。
答えるためには、相手の話を真剣に聞く必要がある。人間性を聴く訓練になる。
返す能力も身につく。

さらに理念が浸透していく。

●男性の人格の完成は父性、女性の人格の完成は母性にある。


鳴滝さんは月一回の「俺がこいつの父親だったら・・・」という気持ちで社員さんへの手紙を書きます。

役目で書いたらダメです。
「俺は社長や、お前は社員や、だからもっと仕事せなアカンやろう!」
責め合ったらダメです。喧嘩になる。

ところが、
「もし俺が家内の父親だったら、どう声をかけるだろう?」
「お前、山奥から出てきて、よう頑張ってるな。」という声かけになる。
無私の愛で手紙が書ける。

大家族主義であれば、私は全社員の父親。社員さんは子供。
だから父親からとしての手紙を書く。
社員さんはこの手紙を毎月、大変楽しみに待っているそうです。

●若く見える秘訣
「私(鳴滝さん)は何歳くらいに見えます?実は69才です。見た目はもっと若いでしょう?よく若く見えるって言われるんですよ」
「なんで若く見えるかというと、やっぱり好きな仕事をして、そしていろいろと挑戦しているからですね。挑戦を諦めた時に人は老けるのだと思います」

こんな言葉で締めくくられました!
かっこいい!
鳴滝さん、ご参加頂いたみなさん、ありがとうございます。

開会の挨拶 宮城副会長

司会進行 松浦事務局長

会長挨拶 小林会長

戦略委員長 北條委員長

質問 大東さん

質問 瀧さん

質問 宮城さん

謝辞 枡富さん

セミナー案内 末崎さん

4月例会案内 金村委員長

6月例会案内 伊丹委員長

閉会挨拶 渡辺副会長

他運営スタッフの皆さんも、ありがとうございました。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 1 =

ページの上部へ