顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【焼酎を〇〇に使うという発想】~地方の中小企業が全国ブランドになるための広報pr パブリシティ戦略~
2020年07月3日

【焼酎を〇〇に使うという発想】~地方の中小企業が全国ブランドになるための広報pr パブリシティ戦略~

みなさん、この焼酎、知りませんか?


菊水酒造(高知)アルコール77
画像出展は菊水酒造さんのHPより

そう!
コロナ禍の除菌剤などが不足している中で販売された焼酎です。

「※当商品は消毒用アルコールと同等のアルコール分を含んでおりますが、
消毒や除菌を目的に製造されたものではありません。」

としながらも、まあ、除菌にも使えるということで
メディア大注目の商品になりました。

もちろん、全国ニュース!
あまり、テレビを見ないボクでも、この商品を知ってましたもん。
すごい発想ですね。

この仕掛け人がこの方!

有限会社プリズム  代表取締役PRプランナー 妹尾浩二氏
https://prism-shikoku.com/newwpsite2019/

昨夜はこの妹尾さんのzoom勉強会に参加していました。

2020年7月2日(木)
かがわ自由大学主催

地方の中小企業が全国ブランドになるための広報pr パブリシティ戦略

いやー、冒頭の焼酎、すごいですよね。

のちに、二匹目のどじょうを狙おうと
パクり、、あ、いや、インスパイア商品、リスペクト商品が
山のように出てきましたね(笑)

コロナ禍で、世の中にお役に立てることは何だろうか?
そうか、除菌剤が不足している。
アルコール度数が高い焼酎がお役に立ちそう。

という発想です。

「焼酎は飲むもの」という固定観念から脱却してます。
「焼酎で除菌」って発想、よくでてくるなー。

この焼酎のプレスリリースを作って、メディアに連絡したのが妹尾さんとのこと。
一気に、菊水酒造さんが全国ブランドになった瞬間です。

パッケージも「除菌」っぽく寄せてすばらしいなー。

内容はもっと深いのですが、
パッケージの内容が心に残ったのがボクらしい(笑)

プレスリリース的な内容は、また改めてブログに書きます。
妹尾浩二さん、素敵な学びをありがとうございました!

 

<追記>

ところで、この妹尾浩二さん!
実はボクの出版の恩人!

「地方の中小企業が全国ブランドになるための広報PR パブリシティ戦略」

妹尾浩さんはこちらの本の著者です!

「商業出版したいけど、どうしたらいいんだろう?」
と悩んでいたボクに
「企画書書いてよ、紹介するよ」と合同フォレストさんを紹介してくださったんです。

そして、出会った合同フォレスト株式会社!

おかげで出版することができました。
妹尾さん、本当にありがとうございます。


「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」

Amazonや全国の本屋さんで販売中!

本の購入方法

1.あなたのご近所の書店(品切れの際はレジでご注文ください)
2.ネットショップ(Amazon7ネット楽天ブックス

 

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 9 =

ページの上部へ