顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【実験してみたら、めちゃ評判がよかった】~営業マン必須のパッケージ活用法~
2020年09月7日

【実験してみたら、めちゃ評判がよかった】~営業マン必須のパッケージ活用法~

コロナの影響でマスクを着けて訪問するのが
営業マンのマナーになっております。

でも、そのマスクで!
めっちゃ、顧客の話題を引き出すことができたらいいと思いませんか?

使うのは普通の白いマスクでいいんです。
ちょっとだけ、パッケージを活用します。

そのパッケージとは、
店名シールとか、ロゴシールです。

こんな感じですね。

ハレルヤスイーツキッチンさんに訪問することがあり
「ハレたんシール」をマスクに貼って訪問しました!

このシールの右上の小さいシールです。

これをマスクに貼って訪問するだけで
「えーーー、松浦さん、ハレたんをマスクに着けてくれて、ありがとうございます」
と、その日面談した白井さんと象潟(きさかた)さんは
ワー、キャー、言ってくれました♪

店舗でちらっと買い物したときも
「あ!ハレたん着けてくれているんですね」
と店員さんから声かけてくれたり♪

効果は抜群です。
ぜひ、営業マンには一度、試してほしい!

でもですよ。

「そんな都合よく相手先のロゴシールや店名シールを持ってるわけじゃない」

わかります。
わかります。
そりゃ、そうでしょう。

でも、ホームページとかから、ロゴや店名のデータをダウンロードして
プリントアウトして、裏面に両面テープを貼ることもできます。

それをしていくと、

「あ!松浦さん、これどうしたの?」
「さすが、喜ばせるねー」
「ちょっと写真を撮ってもいいですか?」
「うちの営業にも言ってみるかな?」

なんて言葉を続々と頂いてます。

いずれにしても話題になること間違いなしです!

あ、ふと思いついたんですが。

実際の飲食店の人が、
自社のロゴシールや店名シールを着けてお仕事するのもいいかも知れませんね。
お客様により深く印象付けれます。

あくまでイメージですが、
ウト・ウークのロゴシールを着けて営業すると、こんな感じか。

もし、お客様が「それ、いいですね」と言ったら
「お客様もよかったら着けてくれませんか?つけてくれたらプチデザートサービスしますよ」
なんて、会話も生まれるかも知れません。

そう、「アドノマスク」に考え方ですね。

アドノマスクについてはこちら。

いかがですか?

まとめると

店名シールorロゴシールをマスクに貼って、
お客様を訪問!するとめっちゃ喜んでくれる!

というお話でした。

シールがない場合は、自作可能です。

ぜひ、お試しくださいませ。

もし、飲食店の方で

「そんな風にロゴシール使いたいけど、、、無い」

という方は、お気軽にパケマツまでご連絡くださいませ。

<本日のおすすめパケTube>


秘密のイベントが発生する!集めて嬉しいハレたんステッカー!

この日、マスクに着けて訪問した
ハレたんステッカーの秘密を
象潟さんと共に、公開してます♪

ぜひ、合わせてお楽しみくださいませ♪

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =

ページの上部へ