顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ありがとうが飛び交う社会】~マルブンさんの感謝を伝えるパッケージ~
2020年11月30日

【ありがとうが飛び交う社会】~マルブンさんの感謝を伝えるパッケージ~

コロナの影響で
東京の飲食店では
時短営業が開始されています。

飲食店の悲鳴の声が
様々なメディアで取り上げられています。


「繁忙期逃したら潰れる」飲食店に戸惑い

こちらでもいろいろな声が。

「12月の繁忙期なのに」
「もう耐えられない」
「40万円の給付金って、
少なすぎる、がっかり」

国や都に文句を言いたい!

・・・という気持ちは分かります。

でもね。
この情報って
マスコミに操作されているんですよ。

「国の対応に感謝している」

そんな会社もあるんです。

今年9月に愛媛のイタリアン店舗経営の
マルブン 眞鍋明さんのzoom例会を聞きました。

コロナで大変な時に
マスコミから取材を受けたそうです。

その時に、眞鍋さんは
このように答えたそうです。

「日本中、世界中が大変な中、
国はよくやってくれています。

持続化給付金も頂きました。
雇用調整助成金も
活用させていただいております。

本当にありがとうございます。」

すると、、、
どうなったか???

その眞鍋さんのコメントは
全部カットされて
放映されなかったそうです。

たぶんですよ。
松浦予測ですが

マスコミさんは
「国、なにやってんだ」
「100万円ぽっちでこの野郎」

ってコメントが欲しかったんですよ。

でも、そうじゃなかったので
全部カットになった(汗)

たぶん、眞鍋さんが
そういった文句を言ってたら
放送されたんだろうな(笑)

メディア報道に
安易に流されると
愚痴や不満のコメントが多くなっちゃいます。

実際に
40万円や、
200万円もらったりしてるんです。

お金を貰っておいて
それなのに、文句を言うのも
ちょっと違う気がします。

眞鍋さんのように

「ありがとうの気持ち」

を忘れないようにします!

こちらの眞鍋さんが
経営するマルブン!

実は

「パッケージでも、
ありがとうの気持ち」

を伝えております。

ケーキなどの
テイクアウトパッケージ!

普通は白が多いんですけど
マルブンさんは
ブランドカラーである
「マルブンレッド」でかっこいい!


手提げ部分に
「arigato!」(ありがとう)の文字!

マルブンさんの
感謝の気持ちが伝わります。!

 

テイクアウトケースの他に、
しあわせフォンダンチーズケーキの
パッケージもあります。

それはこちら

あれ?
「ありがとう」がないなー。

・・・と思うでしょ?
では開封してみましょう。

あ!
「arigato!」が出てきました(笑)

パッケージを閉じた状態では
隠れているフラップという部分に
「隠しarigato!」を忍ばせていました。

マルブンのチーズケーキを
購入した福家絵里さんが
Facebookにこんなことを投稿してくれていました。

「蓋を開けると
『arigato!』って
こう言うの大好きです。
通販になると、
ワクワクして開封するので
さらにパッケージの
期待度上がる気がします♪
細部まで見ちゃう派です」

いや、ホントに
「ありがとうの気持ち」を
伝えるって大事。

さらに、マルブンさんは
こんなパッケージの使い方まで
してくれたことがあります。

以前の話ですが
妻と凛とボクの3人で
マルブンさんにランチに行った時の話。

 

大満足のランチの後
デザートを注文しました。

普通はお皿の上に載せて
デザートが出てくるんでしょうけど、

「パケマツさんがパッケージを
手配してくれたから」

と、ケーキ箱に入れて
持ってきてくれました!

これは松浦家のためだけの
サービスですが、これは嬉しい!

凛も大喜びしてました。

さらに感激は2倍増、
いや10倍増になることに!

ケーキケースを開けると??

「すてきなパッケージを
ありがとうございます」

これはサプライズ!
松浦家3人、感激しました。

見えないところから
手書きの「ありがとう」が
出て来るなんて!

文句や不平不満が飛び出る社会より

マルブンさんのように

「ありがとうの気持ちが飛び交う社会」

にしていきたいですね。

そして

「パッケージでも
ありがとうを
伝えることができる」

というお話でした。

あなたにお役に立てたら嬉しいです。

<PS>

この「ありがとう」の気持ち溢れる
マルブンさんの料理は
お取り寄せが可能です!

こちらの「ウチマルキッチン」をぜひクリック!
https://marubun8.thebase.in/?fbclid=IwAR1fha-jhmS0dwSVzSowaA5t4YhTXWPC1-ckGJhAw17mFz2-SXrGWFNhcJI

しあわせフォンダンチーズケーキや
パスタやピザを、
ぜひご家庭で
お楽しみくださると嬉しいです(^^♪

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 3 =

ページの上部へ