顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【箱根駅伝 青学 神林主将の「諦め」に学ぶ】~すじ青のりパッケージ~
2021年01月4日

【箱根駅伝 青学 神林主将の「諦め」に学ぶ】~すじ青のりパッケージ~

毎年、数々の
感動を生み出す「箱根駅伝」!

本年の優勝は駒沢大!
おめでとうございます!

ボクが注目したのが
4位の青学大。

原監督が大会直前に
泣いたそうです。

それは“走れなかった
“主将”神林勇太選手に
向けての涙です。

神林主将はこの箱根駅伝を
「陸上人生最後のレース」と決めていた。

ところが体に違和感が!

駅伝直前の
12月28日にに検査を受けたところ
・・・仙骨が折れていた。。。

原監督は
神林主将の奮闘を
1年生の時から見ていた。

最初はどこか精神的に
弱い神林選手だったが成長し、
4年生になって主将を
任せられるまでに成長!

原監督は
「途中でギブアップしてもいい。
走ってくれ」

神林主将へ伝えたそうですが

神林主将は
「自分のエゴでチームを沈没させてはいけない」

と、自らの人生最後のレースを諦めたのです。

その後もまだ涙の展開があるのですが、
続きはこちらででどうぞ

この原監督と神林主将のお話を聞いて
胸がジーーーンとしました。

ボクはチームのために
自分は走るのを「諦めた」

人生最後のレースなのに!
神林主将の姿勢が最も心打たれました。

この「諦める」という姿勢。
実はパッケージに置いても
とっても大切なんです。

徳島県漁業協同組合連合会
(通称:徳島ぎょれん)の
林さん(男性)と木村さん(女性)から
お問い合わせを頂きました。

「すじ青のりのパッケージを作って欲しい」

条件として
「今回は無地の袋に、シールを貼ります」
ということでした。

徳島ぎょれんさんに
「特徴やオススメな使い方ってなんですか?」
と聞いたら、まあ、出てくる出てくる!

パッケージで表現して欲しいことを
箇条書きにすると

①徳島はすじ青のりの生産量日本一
②国産原材料使用
③乾のり(徳島県産)
④かつおのふし(鹿児島県産)
⑤青のり(徳島県産)
⑥香りがめっちゃいいです
⑦どんな料理にもよくあいます
⑧お茶漬けに
⑨うどんに
⑩ひややっこに
⑪お好み焼きに
⑫卵焼きに

出てくる出てくる!

でも、そんなに
パッケージには書けないんですよ。

袋全体に印刷できたら
けっこう、書けるんですが

特に「シール」の場合
印刷面積が絞られてしまうのです(汗)

だから「諦める」商品PRも出てきます。

12個くらいPRポイントがありましたが

⑥香りがめっちゃいいです

だけに絞り込んじゃいました。

ボクが最初に封を開けた時の
素のリアクションコメントがこれ。

「うわっ、めっちゃ
高級料亭のような香りがします!」

そこで仕上がったのがこちら!


ちょっとひとふり高級料亭の味 すじ青のり

「香り」のみに絞り込んで
他の11個は諦めました。

お客さんは別に
「すじ青のり」は欲しい訳じゃないですか。

だから「すじ青のり」って書いても伝わらない。

「あら、この商品なら
料亭気分が味わえるのかな?
そしたら、旦那も機嫌がいいかしら?」

なんて
「どんな体験が得られるのか?」
伝えるのが重要です。

そのために他の情報は
「諦め」ました。

こちらの商品!

フード・アクション・ニッポン アワード
2018年 全国入選100点

に選ばれましたー!
ありがとうございます。

これも他の強みを
「諦め」て、
強みに一点突破したおかげです!

「諦める」という姿勢。
実はパッケージに置いても
とっても大切というお話でした!

後日談。。。

ちなみに、
パッケージ裏面は

他のすべての強みを
ぎゅーっと書き込みました(笑)

徳島ぎょれんさんの商品
Amazonで手に入るので、
よかったらぜひーーー!

ちょっとひとふり高級料亭の味すじ青のり

徳島ぎょれんさん、ありがとうございました。

 

徳島県漁業協同組合連合会

〒770-8516 徳島県徳島市東沖洲2丁目13番地
TEL 088-636-0500 FAX 088-636-0525
http://www.tokushimagyoren.or.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =

ページの上部へ