顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージのプロが教える「誰にでも売りたい」を否定する3つの理由】
2021年06月15日

【パッケージのプロが教える「誰にでも売りたい」を否定する3つの理由】

あの人にも、この人にも
買って欲しい!

おじいちゃんにも、おばあちゃんにも、
お父さんにも、お母さんにも、
お兄さんにも、お姉さんにも、
おぼっちゃんにも、お嬢ちゃんにも。

「誰にでも売りたい」

こんな考え方が
実はあなたの商品を売れなくしているのです。

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上8倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ変える
パッケージマーケッターの松浦陽司です!

本日のお題は

パッケージのプロが教える
「誰にでも売りたい」
を否定する3つの理由

で、行ってみよーーーー!

パッケージ開発段階で
お客様にヒアリングします!

「買って貰いたい人は誰ですか?」

ターゲットとか
ペルソナの確認をしているのですが

「誰にでも」

と自信満々で答える人が
けっこう、多いのです。

だから、売れないんですね。

理由は3つあります。

1 私に話しかけているのか分からない
2 他の商品との違いが分からない
3 メリットが分からない

ということなんです。

1 私に話しかけているのか分からない

「皆様」というより
「男性の皆様」

「男性の皆様」というより
「40歳以上の男性の皆様」

「40歳以上の男性の皆様」というより
「40歳以上の男性で、経営者のあなた」

ね!
どんどんと絞り込むと
言葉が強くなってくるでしょう。

誰にでも売ろうとすると
「あなたに話しかけている」
ことが分からなくなるのです。

2 他の商品との違いが分からない

他にも似たような商品が
売場にはいっぱい並んでいます。

となりの商品も言ってますよ。
「誰にでも買って欲しい」と。

その横でアナタも同じことを言いますか?

3 メリットが分からない

さらに、購入した後に
どんなメリットがお客様に待っているか?

それをイメージできるように
しておかないと、
お客様には響きません。

では、ここからはパケマツの
パッケージリニューアル実例を解説します!

日高食品工業(姫路)の
パッケージリニューアルのお話です。


ビフォーパッケージ

「煮豆佃煮こんぶ」

コンセプトは
「誰にでも買ってもらいたい」

ということで
コピーも添えられています。

「どなたにでも手軽に
すぐたける
北海道日高産昆布使用」

「誰にでも売ろう」とした結果
「誰にも売れない」という感じになりました(汗)

そこで、日高食品さんと
ペルソナの見直しを行い

「そもそも、出汁なんか
使ったことのないけど
チャレンジしようかなと思っている主婦」

に絞り込んみました。

そしてこのように
パッケージリニューアルしました。


昆布屋さんのイチ推し昆布

1 私に話しかけているのか分からない

出汁を買ったことない主婦が
「昆布屋さんのイチオシ」ということで、
「私のため?」と気づきます。

「だしにも」とか「具にも」
という吹き出しもいいですね。

2 他の商品との違いが分からない使いやすい

「カットタイプ」であることも
しっかりと伝えています。

普通の事かも知れませんが
書いてないと、伝わらないので
お客様にとっては「ないのと同じ」なんです。

3 メリットが分からない

レシピを多数、パッケージに掲載することで
「ああ、こんな風に使うんだ」
ということが伝わります。

 

こちらの商品!

日高食品工業の河崎社長に聞くと

「当社の想定より売れています!
年間約2万袋売れています」

と言って頂きました!
ありがとうございます(^^♪

「顧客の心に響くパッケージ」づくりから
「売れる商品づくり」していくのって
とっても大切ですね!

本日のお題は

パッケージのプロが教える
「誰にでも売りたい」
を否定する3つの理由

でした!

あなたの今日一日が
否定されず、肯定される一日でありますように(^^♪

<本日のお客様>

日高食品工業 株式会社
http://hidaka.yh.shopserve.jp/index.html

〒671-0254兵庫県姫路市花田町勅旨30番地の1
TEL:079-251-1152

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − eleven =

ページの上部へ